« KIRIN・のどごし生 | トップページ | Monopory Chat使用不能・・・・・・ »

2005年6月10日 (金)

間違いだらけのモノポリー講座?#3

2日ぶりに、間違いだらけのモノポリー講座?のお時間です。本日は

各カラーグループの傾向と対策・鉄道会社

鉄道会社基本スペックは以下のとおり。
購入価格:200
レンタル料
1枚所持:25
2枚所持:50
3枚所持:100
4枚所持:200

場所がバラけていますので、入る確率は非常に高いというのが定説。
また、チャンスカードには"リーディング鉄道に行く""最寄の鉄道会社に行き倍のレンタル料を払う"
といったカードがあります。特に後者のカードは4枚そろっていると、400ドルもらえるので、すごく大きい意味を持つカードです。(できれば自分で引きたくない・・・・・)

ここのカラーの相場ですが、2枚セットにするときは、大体400ドル前後で交渉が成立するケースが多いです。6人ゲームだと450ドル、4人だと380ドルぐらいかな?
3枚セットにするときですが・・・・大体、自分が2枚持ってて、相手の1枚を買うケースだと600ドルぐらいってのが多いかなぁ・・・・・
4枚セットになると自分が2枚持ってて、相手の1枚を買うケースだと800ドルぐらいでしょうか?
てか4枚目を揃えるときは、相手にカラーグループを揃えさせるというケースがほとんどかも知れません。

中盤戦・終盤戦になると、4枚の鉄道を経営して貯めたお金で、別のカラーグループに乗り換えて経営するというケースがほとんどですね。
さすがに、200ドルの収入だけでは、勝つことは不可能ですから。
たとえば、4枚の鉄道を経営していて1000ドル近い現金が手元にあった場合、カラーグループは持っているが資金が無くて家が建てることができないプレイヤーと交渉して、鉄道を上げるかわりに、そろっているカラーグループを貰うといった交渉をします。
そうすることで、1000ドル近い現金を持ってるプレイヤーはカラーグループに家を建てることが出来ます。
家を建てれなかったプレイヤーも家が立ってない状態で2桁のレンタル料を貰うよりも、かなりの高確率で200ドルという3桁の安定したレンタル料が貰えるようになります。
双方が、それなりに幸せになれるわけです。

あと、鉄道は3枚が抵当に入っている状態でも、1枚表の場所に入れば200ドルのレンタル料を貰うことが出来ます
1枚表の場所を抵当に入れて、抵当で貰った100ドル+10ドルを払って別の場所を表にするといった戦術もあります。
だから公共会社とは違い、鉄道は1枚表であれば、まだまだ十分に逆転して勝てるチャンスはあると思ってください。
特に、チャンスカード一枚も鉄道への移動系カードが出ていないケースの場合は、運がよければ1ターンで1000ドル近い収入を得る可能性がありますから。

ただし鉄道に固執しては勝てません。どのタイミングで、別のカラーグループに乗り換えるか?、が勝利への鍵だと思います。そう考えると、初心者には、ちょっと難しいカラーグループかも知れません。

|

« KIRIN・のどごし生 | トップページ | Monopory Chat使用不能・・・・・・ »

コメント

鉄道は、物件の経営が始まったら、「(4枚)揃ってないと、厳しい状況なので」と言って、揃ってしまう物件。
経営してる人は、一踏みで家トビの危険回避で全力で行けなくなるし、経営が滞れば、今度は鉄道からチェンジできる。
だから、ちょっと高めに揃い、揃えさせた人は、大目の金で経営に臨んで、叩き合いになる。鉄道としては、経営目的物件が増える。
その金額が面白い。
って物件ですね。得意の(持ってると入る)人と、苦手(持ってると入らなくなる)な人がいる。

投稿: 高速バス男 | 2005年6月10日 (金) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけのモノポリー講座?#3:

« KIRIN・のどごし生 | トップページ | Monopory Chat使用不能・・・・・・ »