« かつ丼吉兵衛 | トップページ | ザ・ベストテン »

2005年6月19日 (日)

間違いだらけのモノポリー講座?#5

カラーグループの傾向と対策・ダークブルー

というわけで、つい数日前にMonopory Chatダークブルーの話題が出たので、先にこのカラーについて語ってみます。

ダークブルーの基本スペックは以下のとおり
購入価格:350 or 400
レンタル料:35 or 50
1件:175 or 200
2件:500 or 600
3件:1100 or 1400
4件:1300 or 1700
ホテル:1500 or 2000
建設費:200

さて、序盤の相場ですが・・・・・これ以降、紹介するカラーグループでは、「1枚いくら?」とかいった相場観で考えることは少ないです。
”大体、手元にお金がいくら残っていれば経営できるか””スタート時に最大何件家を建てることが出来れば経営できるか”を考えて交渉することが多いです。

序盤のダークブルーの場合、手元に800~650ドルを残して=3~4件が建つ条件というのが基本ラインになることが多いです。最低でも3件建たないと(1箇所が2件にならないと)経営は厳しいと思います。
交渉の当事者以外、全員お客さん・・・・というときは、600ドルきっかりでスタートという、条件を出されることもあるかもしれません。

あとチャンスカード「ボードウォークに行く」のカードがあります。
このカードが、良くも悪くも、さまざまなドラマを生んでいくわけです(笑)

ここのカラーグループは追加経営しなくても勝てます・・・・が、やはり、もう1色、経営するに越したことはない。具体的には、家3件建っているところへ、お客さんが来て、仮破産した場合、支払いを軽くする代わりに、有力カラーを引っ張ってくるといった方法でしょうか?
オレンジ
ライトブルー4鉄などが、追加経営にオススメかもしれません。
もちろん、現金貰って、ダークブルー一直線で行く方法も、アリだとは思います。ただし、やはり土地が他のカラーグループと比べて2箇所しか無い為、勝てる確率は低くなりますが、ダークパープルと違って、0ではありませんし。

また、経営に失敗して家が0になっても、一発逆転することが出来る土地なだけに、1000ドル近く4鉄で稼いだプレイヤーが、逆転を狙って4鉄ダークブルーの交換交渉を持ちかけてくるかもしれません。また勝っているプレイヤーは逆転の目がある、この土を安全策の為、押さえに来ることもあります。その交渉過程で、結構、おいしいカラーグループが手に入る可能性もありますね。

個人的には、初心者にはオススメのカラーグループですが、もしオレンジや、レッドイエローを経営できるチャンスがあるのなら、無理にダークブルーをする必要はないかもしれません。

あと最近思ったのですが、経営していない他のプレイヤーはダークブルーを必要以上に恐れては負けだと思います。
手前で、余裕かましてダークブルーを放出するぐらいの度胸を持たないと、とオイラは思います。
入る確率は低いですし、この土地に関しては清く「入った自分が悪い」と諦めましょう。(笑)

|

« かつ丼吉兵衛 | トップページ | ザ・ベストテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけのモノポリー講座?#5:

« かつ丼吉兵衛 | トップページ | ザ・ベストテン »