« 天然ボケ度チェック | トップページ | VOCALIST/徳永英明 »

2005年10月29日 (土)

80年代と言っても・・・・・

昨日、mixiで以下の1980年代ヒット曲をセレクトしたコメントを書いた。

長い夜/松山千春
初恋/村下孝蔵
CAT'S EYE/杏里
TOKIO/沢田研二
ハイスクールララバイ/イモ欽トリオ
ふられ気分でRock'n'Roll/TOM★CAT
め組のひと/ラッツ&スター
涙のリクエスト/チェッカーズ
星空のディスタンス/アルフィー
ルビーの指環/寺尾聡

実は書いた後、気づいたのだが、そのほとんどが80年代前半の曲であることを。
80年代といっても、やっぱり前半後半では(いろんな意味で)時代が違うというか。
音楽に限って言えば、やっぱりシンセサイザーの進歩が著しいといった感じがしますね。
80年前半は、いい意味で音が陳腐で、「あ、これ絶対、シンセサイザー使っている!」っていうのが判るし、それはそれで特徴的な個性ある音をしているんだよね。
ところが、80年代後半になると、技術革新により、シンセサイザーも生音と遜色がない音が出せようになるんだよね。
あと、レコーディング技術の進歩もあるんだろうが、凄い音が厚くなっている。

だから、80年代安易にひとくくりできないものがあるんだなぁ・・・・・

|

« 天然ボケ度チェック | トップページ | VOCALIST/徳永英明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 80年代と言っても・・・・・:

» ラッツ&スター め組のひと [80'S FAVORITE MUSIC]
作詞:麻生麗二 作曲:井上大輔 化粧品CM曲。 シャネルズからラッツ&スターに名前を変えての初シングル。 大ヒットでしたね!! ノリのいい、夏っぽい曲です。 ♪いなせだね 夏をつれてきたひと♪ [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 12時05分

« 天然ボケ度チェック | トップページ | VOCALIST/徳永英明 »