« 山手線占い | トップページ | さよなら、プロジェクトX »

2005年10月12日 (水)

織田哲郎

complete of TETSURO ODA at the BEING studioてなCDを借りてきた。

織田哲郎といえば、90年代小室哲哉と並ぶヒットメーカーなわけだが、小室哲哉ほどメジャーではないんだよね。
まぁ、小室哲哉TMネットワークキーボーディストだったしね。

しかし、なにげに90年代最初のミリオンヒットとなった、おどるポンポコリン/BBクイーンズ作曲したのが彼であったという事実を考えると、その後の大活躍を暗示していたのかも知れない・・・・・

で、このアルバムは、その織田哲郎が作曲した数々のヒット曲のセルフカバーが収録されています。
聞いてみれば、「あ、この曲知っている!」って曲がたくさんあります。
90年代に青春時代を過ごした人は、一度聞いてみてはどうでしょうか?

しかし最近、CDを借りまくっているので、ここ数日は音楽関係のBlog連発になりそうな悪感・・・・・

|

« 山手線占い | トップページ | さよなら、プロジェクトX »

コメント

こんばんわぁヾ(*^▽^*)〃

ふぉれさんとさんたくさんが居て・・
音楽情報はことかかないでしゅww
ヽ(・ω・。ヽ)了└| (ノ。・ω)ノ力"├♪(σ。・ω)σЙЁ☆ね

投稿: momoka | 2005年10月13日 (木) 00時44分

「TETSU」って名前で
アニメ「装甲騎兵ボトムズ」の
オープニング エンディング歌ってるよ
かなりアニメファンの中では名曲 合掌

「炎のさだめ」 「いつもあなたが」

投稿: 住職 | 2005年10月13日 (木) 02時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 織田哲郎:

« 山手線占い | トップページ | さよなら、プロジェクトX »