« 浅草&アメ横 | トップページ | プランクトンの心臓 »

2006年11月11日 (土)

モノポリー日本選手権全国大会 決勝

昨日の続き。
浅草アメ横を探索した後は、モノポリー日本選手権全国大会決勝戦を観戦する為、中野へ。

061105_12400001

会場に着くと、3回戦の真っ最中。

061105_12390001 061105_12390002

すでに2回戦で、今井さんと菱戸さんは決勝戦進出確定との情報。
結局、3回戦でモノポリー勝ちした、大木さん、柴田さん、小宮さんが決勝戦進出

モノポリー日本選手権全国大会決勝戦進出者は以下の通り。

1.今井 清嗣/九州杯区
2.菱戸 信一/関東地区
3.大木 勝裕/北海道地区
4.柴田 勇誠/北陸地区
5.小宮 靖弘/近畿地区

敬称略、左の数字はスタート順位。

いよいよ、今年のモノポリー界の頂点が決まるモノポリー日本選手権全国大会決勝戦がスタート!!
まずは序盤、大木さんが今井さんに2枚目鉄道430で売り、今井さんが2鉄に。
続いて、柴田さんと今井さんとの間で電水を揃える交渉。柴田さんが今井さんに水道290で売り、今井さんが電水も揃える展開。
その後、ダークパープルが出きり、大木さんと柴田さんとでダークパープルを揃える交渉。柴田さんが450で買い、ダークパープルを揃えて2箇所ホテルに。直後に小宮さんが止まり、柴田さん+250
その後、大木さんが男鹿市、今井さんが秋田市を購入して、両者で交渉。
大木さんが、秋田新幹線にかほ市500Jをつけて今井さんに渡し、ダークブルーライトブルー2枚の形に。大木さんはダークブルー4件でスタート。
続いて、菱戸さんと柴田さんが、オレンジをそろえる交渉。菱戸さんがオレンジを揃えジャスト5件でスタート。
さらに、柴田さんと今井さんが、ライトパープルを揃える交渉。結局、柴田さんにレッドグリーンなどイエローなどを渡して今井さんが3鉄を持った状態でライトパープルを揃える。
即、今井さんが3鉄を小宮さんに700で売って。小宮さんは4鉄の状態へ。今井さんはライトパープル10件スタート。
その後、柴田さんがレッドを自力。イエローレッド両方揃っている状態へ。

とりあえず整理。
小宮さんは、序盤、権利書をあまり買えず苦しい状態だっがが、なんとか4鉄を持つの体制へ。
今井さんは、カードでGOを通った関係なので、ライトパープル12件まで成長。
菱戸さんも、GOに止まり給料で増築。オレンジ2-2-37件に。
柴田さんは、イエローグリーンなどを抵当に入れて、レッド2-1-25件へ。
大木さんは、オレンジレッドを、間の恋文に止まり回避。その時点で、家を増築、ダークブルー2-35件へ。

その直後、ゲームは大きき動きます!!
柴田さんが、先ほど3件になったばかりのの秋田市に突っ込んでしまい、仮破産
結局、負債交渉で柴田さんは大木さんにレッド3枚グリーン200を渡すことで、1400の支払いを完了。
これで柴田さんは、イエローダークパープルホテルが残っている状態。
ここで大木さん、一気にダークブルーの家を崩して、レッドへ転換。3-3-39件へ。
うーん、昨日見た第一回戦と同じ展開だ。

中盤になり、菱戸さんがライトパープルホテルに入り、オレンジの家が全壊。
ここで、菱戸さんは小宮さんと、オレンジ鉄道の交換交渉。
菱戸さんは、4鉄(うち1枚は裏)を貰い、小宮さんがオレンジをそろえる。小宮さんもライトパープルの手前だが、オレンジ2-3-27軒建設。直後に柴田さんがオレンジに止まるが2件の場所。
その後、小宮さんもライトパープルホテルに泊まり、オレンジの家が崩壊。さらにぞろ目で、レッド3件に止まり仮破産
大木さん、今井さん、どちらにオレンジが移動するかの大きな山場となった救済交渉。結局、小宮さんにライトパープル+600の残す形で、オレンジを手に入れる。
この時点で今井さんはオレンジ1500近く持っている状態。大木さんは刑務所の中にいて2回目。トップ目の大木さんを叩くには絶好の状況だったのだが・・・・・
今井さん、ぞろ目とカードで、にかほ市恋文秋田市恋文、ここで引いたカードは・・・・・無情にも「湯沢市へ行く」
今井さん、これで750の支払いは、あまりにも痛すぎ。ただレッド3件に入ったが、オレンジ2-2-37件建つ状態。
その後、菱戸さんも東成瀬村に入り救済交渉にて鉄道は柴田さん手に。その柴田さんは湯沢市に入り破産。菱戸さんも手放した鉄道に入り破産。
大木さん、刑務所からの3回目のダイスは6で、オレンジ2件大潟村。大木さんはイエローも経営しだして、2-2-26件の状態へ。日本チャンピオンに向けてのラストスパート
小宮さんも、鉄道にはまり破産。
今井さんもオレンジで粘ったものの、レッド3件、そして最後は鉄道に止まり破産。
見事、大木さんが2006年のモノポリー日本チャンピオンに輝きました

はやり勝負分かれ目になったのは、大木さんがダークブルーにさっさと見切りをつけて、レッド9件に乗り換えたところですかねー。あと今井さんのぞろ目。アレがなければゲームはどうなっていたか分からなかったと思いますし。

今回はモノポリー日本選手権全国大会2ゲームをじっくりと見たわけですが、うーん、けっこう勉強になったなー。来年は、ギャラリーとしてではなく、プレイヤーとしてこの場に居たいですね
その為にも、明日の滋賀・南草津で開催される第3回レークサイドモノポリー大会で頑張らないと。(笑)

|

« 浅草&アメ横 | トップページ | プランクトンの心臓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノポリー日本選手権全国大会 決勝:

» _●秋田名物?「ハタハタひれ酒」、全国販売目指し商品化 [お酒ブログ情報トラックバックセンター]
 秋田名物ハタハタの胸びれの干物と地酒を使ったカップのひれ酒を、男鹿市商工会メンバーらが商品化した。12日から地元で販売し、将来は全国デビューを狙っている。 [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 12時14分

« 浅草&アメ横 | トップページ | プランクトンの心臓 »