« 木像ガンダム | トップページ | テレ東の野望 »

2007年5月30日 (水)

ドラえもん・エイド

ニセ・ドラえもん「最終話」 販売元が売上の一部払い謝罪
むしろ、小学館と藤子プロは、その男を雇うべきでは?とおもったりなんかりして by広川太一郎
いや、ネットで流れているの見たけど、よくできているし。
映画とかも、過去のリメイクとかでネタ切れ気味だし、アニメのオリジナル脚本も評判悪いしねー。

同人誌をかき集めて、優秀な作品を書く人をスカウト!!って訳にはいかんのかねぇ。

そいいえば、アメリカのコミックとかは、一つのマンガを複数の漫画家がローテーションで書いてるって聞いたことあるし。
アニメやドラマみたいに、出版社にプロデューサー置いて、脚本家にストーリー任せて、複数の漫画家がチーフの漫画家に合わせて、連載していく・・・・・ってことはダメなんでしょうかねぇ。

|

« 木像ガンダム | トップページ | テレ東の野望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん・エイド:

« 木像ガンダム | トップページ | テレ東の野望 »