« vozMe | トップページ | ガンダムつかえねー!! »

2008年1月19日 (土)

RHYTHM REDとPIECE OF MY SOUL

たまには、音楽ネタでも。

レンタルで借りてきた。
TM NetworkからTMNにリニューアルして、音楽的にもシンセ中心のポップ&ダンスサウンドから、ディストーションギター中心のロックサウンドに変化した際のアルバムですね。

今聞いてみると・・・・・・けっこう軽く聞けます。
いや、もっと過激なサウンドかなと思ったりもしたんですけど、ポップな面も残ってますしねー。
THE POINT OF LOVER'S NIGHTなんか、こっちの方が好きかも。(笑)
うーん、MP3じゃ物足りないのでBOOK OFFでちゃんとCD、買おうかなぁ。(w

これって、同じ感覚になったアルバムがあったような・・・・・・

コレですね。

このアルバムも、WANDSは、それまでの打ち込み主体のロックサウンドから、生音中心のロック、グランジ路線に変えてきてますし。
生音中心のロック、グランジ路線と聞いて最初は敬遠していたんだけど、改めて聞いてみるとけっこう軽く聞けましたしねー。
これも、収録されていたJumpin' Jack Boyが、シングルバージョンより生音主体のアルバムバージョンの方が、良かったですし。

ただ、両者の違いは、TMNは次のアルバムのEXPOで、再びシンセ中心のサウンドに戻したのに対して、WANDSは、この後発売されたシングルで、さらに、よりディープなグランジ路線に突っ走ってしまったからねぇ・・・・・・
結果、人気を極端に落として、所属会社と揉めて、ヴォーカル上杉昇ギター柴崎浩という要ともいえるメンバーが脱退することになっちゃったからねぇ・・・・・
もうちょっと、緩やかに路線変更を進めて行っていれば、こんな事態にならなかったのでは?と思うと悔やまれます、ハイ。

|

« vozMe | トップページ | ガンダムつかえねー!! »

コメント

また遊びに来させて頂きます!!

投稿: ポップダンス 大阪 | 2009年1月22日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RHYTHM REDとPIECE OF MY SOUL:

« vozMe | トップページ | ガンダムつかえねー!! »