« 人間計算 | トップページ | 時代が何人トリオに追いついた!! »

2009年2月 3日 (火)

鐘ヶ坂トンネル

放置される道に惹かれる「廃道ブーム」の現状

廃道を走ることはさすがにないが、旧道を走ることはよくあるなぁ。
バイパスや新道が出来て、寂れている為、交通量も少なく、あと良くも悪くも線形が悪いので、酷道とまでは言わないレベルだが走りがいがあるんだよな、これが。

個人的には国道176線昭和の鐘ヶ坂トンネルが好きだったんだけどなぁ。
ココを通る時は、新鐘ヶ坂トンネルが出来ても、旧道の方を通ることが多かった。
柏原方面から昭和のトンネルまでヘアピンカーブを曲がりながら登っていく道が、けっこう面白いんだよな。

ただ、この昭和のトンネルも去年の12月24日付で閉鎖されたとの事。
「昭和のトンネル」閉鎖へ 鐘ケ坂峠 

今後はイベント開催時のみ開放されるとのこと。
けっこう好きだった旧道&トンネルだったんだけどなぁ。

あ、あと、なぜ昭和のトンネルという言葉を使うかというと、ここ鐘ヶ坂には明治時代に出来たトンネル昭和時代に出来たトンネル、そして平成になって出来たトンネルと、親子孫3世代に渡ってトンネルがあるという珍しい場所なんです。

詳しくはココのサイトを。
【Finding】 道あれば~橋・隧道あれば~ 親子孫トンネル 鐘ヶ坂峠【兵庫県】

明治のトンネルは・・・・・流石に通ったことない。(笑)
ただ廃道マニアにとっては、けっこう有名なポイントらしいです。

|

« 人間計算 | トップページ | 時代が何人トリオに追いついた!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鐘ヶ坂トンネル:

« 人間計算 | トップページ | 時代が何人トリオに追いついた!! »