« 体温電池 | トップページ | 続・四国逃避行2009 その2 »

2009年9月20日 (日)

続・四国逃避行2009 その1

シルバーウィーク9/21松山モノポリーの大会があったので、「その便乗でうどん屋行脚だ!!」ってな発想で2週続けて四国に行ってきた。
テーマは、ストレス発散と、うどん何店回れるか?と松山に行くんだから道後温泉って事で。

今回は、明石海峡大橋-淡路島-大鳴門橋-高松道を使って四国へ上陸。

高松中央ICで降りて、最初のチェックポイントは高松市琴電花園駅近くにある、うどんバカ一代へ。

手打十段 うどんバカ一代

090920_08120001

垂水6:00に出て8:00ぐらいには現場に着いたのだが、朝からすでに行列が・・・・・・
地元の人いわく、前はそうでもなかったが、雑誌やテレビで取り上げられてから、行列が酷くなったとの事。

ここでは、いきなり変化球で、釜バターうどんなるものを注文。
ようは、釜玉バターあらびき黒胡椒がプラスされているわけです。

090920_08380001

従来の釜玉バターの風味がプラスされて、かなりのヒットでした。
Santaku満足度:91点/(100点)

ただ駐車場の確保に苦労しました。
ただ、探せば近くに駐車場はあります。

明日に続く~

|

« 体温電池 | トップページ | 続・四国逃避行2009 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・四国逃避行2009 その1:

» 讃岐うどん巡り その1「手打十段 うどんバカ一代」で、醤油うどん [高松] [マッシーのグルメ日記]
日曜日は、地元香川のHertz 山崎さん、山田さんの案内で、 筒井さん、鍋坂さん... [続きを読む]

受信: 2009年10月 2日 (金) 10時23分

« 体温電池 | トップページ | 続・四国逃避行2009 その2 »