« データ保存はどれが安全? | トップページ | 国立国会図書館サーチでモノポリー関係の書籍を検索してみた »

2010年8月17日 (火)

あの坂本龍馬も使った交渉するときに必ず勝てる方法

【ビジネス】あの坂本龍馬も使った交渉するときに必ず勝てる方法

モノポリーでも使えるのかな?

泣き落とし
これは泣き落とす方に、ある程度人望がないと辛いかも。
性格悪い奴が泣き落としをしたところで、あんまり同情はかってもらえなさそうだし(^^;;;

脅し
これも感情的にやっちゃ×かも。相手も感情的になって敵に回したら元も子もないし。
脅しのプランを出しといて、でもこういう方法もあるよと、別の提案を持ち出す方がいいのか?
それとも、最初に別の提案出しておいて、決裂しそうになったら脅しのプランを出した方がいいのか?
まぁ、相手の性格にもよるけどね。

第三極
これは、どうなんだろう?
モノポリーでは三人同時交渉は禁止されているし。基本、一対一の交渉だからね。

まぁ、それでも基本は
「相手より心理的優位に立ち、交渉のペースをつかむ」「相手に与えるメリットをうまく伝える」
だよねぇ。

生兵法、大怪我の元になるかもしんないけど(w

|

« データ保存はどれが安全? | トップページ | 国立国会図書館サーチでモノポリー関係の書籍を検索してみた »

コメント

こちらでは初めまして。

私なりに記事の内容をモノポリーに応用するとしたらこうなりました。


>泣き落とし
交渉において感情に訴えると大抵失敗するので止めましょう。
泣いても怒っても無理なものは無理です。

>脅し
交渉で恫喝してはいけませんが、いわゆる脅迫交渉は有効な戦術の一つです。ダメもとで行うのがよいでしょう。

>第三極
自分以外の二者間で交渉が成立した場合、そのどちらかが経営悪化するまで様子を見たり、一方を支援して別のカラーグループの経営をさせてもらったりと第三極としての対処法は様々です。
くれぐれも指をくわえてボードを回るだけということがないようにしましょう。

投稿: monopo | 2010年8月17日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの坂本龍馬も使った交渉するときに必ず勝てる方法:

« データ保存はどれが安全? | トップページ | 国立国会図書館サーチでモノポリー関係の書籍を検索してみた »