« コンピューターウイルス生誕40年 | トップページ | 交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦 »

2011年3月26日 (土)

3月のライオン

日本の3大ライオンって知っています?
金曜日のライオン(by TM-NETWORK)大西ライオン、そして

3月のライオン

某ラジオ番組で紹介されていた。
作はハチミツとクローバー羽海野チカ。監修は将棋棋士の先崎学
2011年の漫画大賞も受賞したとの事。

ラジオで、めちゃくちゃ泣ける作品という話だったので、内心(えー、シリアスな作品なの?)、と思いつつも、将棋がテーマって事が気になったので、こっそり読んでみたら・・・・・

おもろい!!

いや、涙あり笑いあり、本当にいい作品です。
なにより、主人公以外の登場人物のキャラもちゃんと立っててるし。

林田先生とか、本当に良い先生やなぁ・・・・・なんて思ったりします。
あと、押しかけライバルの二階堂とか。

今出ている5巻全部、新品で衝動買いしちゃったよ!!

物語は、どこまで続くんだろう。
やっぱ、最終的には宗谷名人と主人公の桐山零名人戦を争うことになるのかなぁ?

ただ、おそらくモデルとなってる棋士が何人か思い当たるだけに、「えー、やっぱりこういう展開になっちゃうの!?」的な事が頭に浮かんじゃうのだが・・・・・

ただ、月下の棋士と比べると、そんなエキセントリックな話にはならないと予想しているので(ただ、一部のキャラは別の意味でエキセントリックなキャラだが(w)、将棋を知らない読者も食いついていけるんじゃないでしょうか?
各キャラクターも愛嬌がありますしね。
なにより、二階堂の作った将棋入門絵本は、実際に発売してほしいなぁ(笑)

あ、アフィリエイトは、あえて島田八段が表紙を飾っている4巻を張ってみました。

|

« コンピューターウイルス生誕40年 | トップページ | 交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月のライオン:

« コンピューターウイルス生誕40年 | トップページ | 交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦 »