« エベレストのウェブカメラ | トップページ | スティーブ・ジョブズ »

2011年10月 5日 (水)

スタートメニューの歴史

Windows 8で「スタートスクリーン」として生まれ変わるスタートメニューの歴史

そうそう、Windows95以前は、スタートボタンは存在せず、プログラムマネージャーでプログラムを立ち上げていたんですよねー。
ただ、スタートメニューからプログラムだけを立ち上げるって事はあんまりないねぇ。
ウェブを起動させる時に「お気に入り」を使うか、よく使うファイルを「最近使ったファイル」から立ち上げるかのどっちかだし。

てかファイルをクリックすれば、関連付けられているプログラムも一緒に立ち上がるので、まずプログラムを立ち上げてファイルを開いて・・・・・なんてことはあんまりしないかも。

そうそう、色々使わないプログラムもインストールしたまま、整理していないから「すべてのプログラム」が大変な事になってしまうのは良くある(w
画面めいっぱい出る状態だし(w ←自分のパソコン

ただ、この手のプログラムランチャーは、必要最低限のプログラムだけ既定で置いといて、後はUserが自由にカスタマイズやりやすいようになっているのが理想かな?

|

« エベレストのウェブカメラ | トップページ | スティーブ・ジョブズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/52917417

この記事へのトラックバック一覧です: スタートメニューの歴史:

« エベレストのウェブカメラ | トップページ | スティーブ・ジョブズ »