« ClamBook | トップページ | データ保存はどれが安全か? »

2012年6月 8日 (金)

身近な食品の致死量

水も砂糖もみんな毒? 身近な食品の致死量を調べる

どんなもんでも致死量ってあるのね。
そういや、ビタミンとかの栄養素も、ある一定の量ををえると毒になるって聞いたことあるし。

塩の致死量は30〜300g。
醤油は168〜1500ml。

って事だが、醤油は、おそらく塩分も関係しているんだろうなぁ。

昔、徴兵を逃れる為に、レントゲン検査時に肺に影が写る様に醤油を飲んだって話を聞いたことがあるが・・・・・

徴兵だけでなく、人生そのものから逃れる結果になってしまうのね。←醤油一気飲み。

|

« ClamBook | トップページ | データ保存はどれが安全か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身近な食品の致死量:

« ClamBook | トップページ | データ保存はどれが安全か? »