« 俺の肉!!を主張できる焼きごて | トップページ | リラックマ山手線 »

2013年7月25日 (木)

セナの走りが光となって甦る・・・・・

アイルトン・セナが記録した世界最速の走りを光と当時のエンジン音で再現

そっか、セナテレメトリーのデータは残っているんだよなぁ・・・・・
ホンダ第二期F1で残した大きな爪跡は、やっぱテレメトリーシステムだよなぁ。

それまで、ドライバーの感覚を頼りに言葉で身振り手振り等のコミュニケーションでエンジンの調子やフィーリングの情報をエンジニアとやり取りしていたのが、リアルタイムで走行状態やエンジンの状態等がコンピューターにデータ化されるようになったからねぇ。

だから逆にエンジニアがドライバーにモニタリングしたデータを見せて「ここで、もっとエンジンの回転数を上げた方が良いよ」とか「ブレーキングを遅らせたほうが早く走れるね」とか指摘するようになったからね。
「シフトミスしただろ」とか「オーバーレブしたね」とか、ドライバーのミスも指摘できるようになったが(笑)

しかし、これフル動画で、見てみたいなぁ。

|

« 俺の肉!!を主張できる焼きごて | トップページ | リラックマ山手線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/57863238

この記事へのトラックバック一覧です: セナの走りが光となって甦る・・・・・:

« 俺の肉!!を主張できる焼きごて | トップページ | リラックマ山手線 »