« オムレツ釜玉うどん | トップページ | 名画座 »

2013年12月15日 (日)

ベルガーの鈴鹿10年レコード

東京モーターショーで公開されたセナ走行再現デモの様子がYouTubeで見られる
Ayrton Senna 1989

セナが亡くなって来年で20年になるのか・・・・・
そう思うと感慨深いというか、オイラもおっさんになるわけだ(w

しかし、24年の時を経て、こうやってコンピューター上でセナの走りが再現できるのも、ホンダがF1第二期の時、テレメトリーシステムを先立って開発してきた証だよなぁ。

ちょっとまてよ。
1989年のセナの走行データが残っている事は、90年から92年までセナのチームメイトだった、ゲルハルト・ベルガー1991年日本グランプリ予選二日目に叩き出した1分34秒700鈴鹿の最速レコード(10年破られる事がなかったから、通称10年レコードと言われている)のデータも残っているんじゃね?

コレが、その時の走り。

高速コーナー130Rの走りはセナよりも速く、F1ドライバーで唯一6速で駆け抜けていったドライバーでもあるのだ。
ちなみに、動画の中でもあるように、ミハエル・シューマッハーは、この年の予選、130Rで大クラッシュをしてるんですよねー。

うーん、ベルガーの10年レコードも、再現してくれないかなぁ・・・・・

|

« オムレツ釜玉うどん | トップページ | 名画座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルガーの鈴鹿10年レコード:

« オムレツ釜玉うどん | トップページ | 名画座 »