« 名画座 | トップページ | ミニシロノワールが半額だと!? »

2013年12月17日 (火)

後世に情報を残していくという意味

ハリウッドの大失態! サイレント映画全盛期の作品、その70%はもう二度と見れないことが発覚

タイムマシンでも発明されないと、再現は無理かも・・・・・
でも、大失態は、言い過ぎのような気もしないでもないが。

昔のテレビ番組が残ってないのと同じように感じるんだけどねぇ。
確かにテレビが当時高価なVTRで使いまわししていたのに対して、映画が使いまわしの効かないフィルムって事を考えると、保存しやすいようにも思えるが、ライブラリー意識が希薄だったんだろうなぁ。

フィルムたって未来永劫残るものでもないし、徐々に劣化していくものだしね。

すべてがデジタル化された今なら・・・・・って、なんかの拍子でデジタル保存されていたものが無効になるって事もありえるしなぁ。
磁気メディアなんて、地球の磁場が変われば、あるいは宇宙から強力な磁気が降り注いできたら・・・・・

って、そんときゃ人類滅亡の危機か(w

後世に情報を残していくってのは、当たり前のように思えて大切な仕事なんだなぁ・・・・・

|

« 名画座 | トップページ | ミニシロノワールが半額だと!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/58768930

この記事へのトラックバック一覧です: 後世に情報を残していくという意味:

« 名画座 | トップページ | ミニシロノワールが半額だと!? »