« Santaku版 奥の細道 睦月の章 | トップページ | 一足早くNゲージで四国新幹線? »

2014年2月 2日 (日)

グラン・プリ

今度の週末に封切られる、ラッシュ/プライドと友情の見る前に、予習として久々に借りてきて観てみた。

ラッシュ1970年代半ばのF1が舞台、さらに実在の登場人物に実際にあったエピソードに基づいて作られた映画なのに対して、グラン・プリ1960年代半ばのF1を舞台にした映画ですね。

当時、F1に参戦していたHONDAを思わせる日本人チームも登場しますし、そのチームオーナー役が三船敏郎だったり、その後のHONDAの活躍を思わせるシーンがあったりと、F1を、あんまり知らない人も楽しめる名作です。

で、久々に観た感想。

葉巻F1カーの空撮映像や、オンボード(車載カメラ)映像が、ホント、新鮮。
あと、今F1で使われていないオールドサーキットコース昔のモナコの様子などが伺えて、F1ファンとしては、やっぱ、たまらない映画ですね。
モンツァのバンクコースを走行するフォーミュラマシンなんて、この映画でしか観られないような気がする。

あとグランプリの華やかな栄光の部分と、影の部分がしっかりと描かれているところが、深いものを感じるなぁ。
モナコからF1サーカスが開幕して、いきなり波乱があって、そして、最終戦モンツァで迎える歓喜とカタストロフィ・・・・・

しまった、グラン・プリ観ちゃった事で、ラッシュ/プライドと友情に対するハードルが上がっちゃったかも(笑)

でも、グラン・プリ名作映画
見たことない人は、是非とも、オススメします。

どっかの名画座で、リバイバル上映してくれないかなぁ・・・・・

|

« Santaku版 奥の細道 睦月の章 | トップページ | 一足早くNゲージで四国新幹線? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラン・プリ:

« Santaku版 奥の細道 睦月の章 | トップページ | 一足早くNゲージで四国新幹線? »