« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

ジョージ・ルーカスの原点

映画「スター・ウォーズ」が日本の時代劇の影響を受けた経緯がよくわかるムービー

つい最近、隠し砦の三悪人七人の侍を見ただけに、その影響力は、よく判るわ。
てか、ヨーダネタ元勘兵衛だったとは知らんかった。
それほど、黒澤明の影響受けていたのか・・・・・ ← ジョージ・ルーカス

そういや、記事の動画解説の中で、カーレースに熱中していたジョージ・ルーカスは、交通事故に遭い、奇跡的に死を免れたものの、自分の人生を見つめなおすことになって、人生を考え直し、南カリフォルニア大学で映画の勉強に励む事になったって書いてありますが・・・・・

その熱中していたカーレースのシーンがあるのが、アメリカン・グラフティ ですね。

そのカーレースに出ているのが、売れる前のハリソン・フォード
そして、今や売れっ子映画監督ロン・ハワード も、メインキャストの一人として出ているんだから、運命的なものを感じる。

ジョージ・ルーカスにはスターウォーズよりも、もう一回、アメリカン・グラフティを撮って欲しいな。
ただ、この映画は、結末がちょっと切ないものを感じる・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

小宇宙を燃やせ!!

ポテトの袋が聖衣箱に ロッテリアが「ふるポテ聖闘士星矢セット」発売

聖闘士星矢なつかしい(笑)

土曜の夜聖闘士星矢 → 奇面組加トケン or ひょうきん族のリレーだった・・・・・
十二宮編(黄金聖闘士編)までは、熱心に見ていたなぁ。

それ以後のストーリーは、アニメでも漫画でもついていけん・・・・・

あれだ、キン肉マン同じ理屈だ。
夢の超人タッグ編まで熱心に見ていたのと同じ理屈だ(w

キン肉星王位争奪編は、アニメ化が遅れたからなぁ・・・・・・

閑話休題・・・・・

しかし、物語の軸となる青銅聖闘士のカラーが、ピンクオレンジを黄色と解釈すれば・・・・・

スーパー戦隊に対するオマージュ!?

と思ってしまう。
アンドロメダの瞬中性的イメージだったしね。

十二宮 & 聖闘士ゆかりの地マス目を作れば、聖闘士星矢モノポリーが・・・・・
あ、聖闘士星矢のスポンサーはバンダイだった!!

無念じゃ・・・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

スーパートカー!?

最高速度325km/h「ランボルギーニ・ウラカン LP610-4」、警察パトカーに

フェラーリじゃないのか(´・ω・`)
サーキットの狼スーパーカー世代じゃないし、F1原理主義者のオイラとしては、

フェラーリ>>>越えられない壁>>>ランボルギーニ

ってなってしまう(w
チャンピオンエンジンじゃないしね。
亜久里を表彰台に導いたエンジンだけど ← エスポ・ラルース・ランボルギーニ

ところで、世界最速のパトカーって、何になるんだろ?
ググってみた。

こんな記事、発見した!!

ドバイ警察、こんどはブガッティ ヴェイロン配備決定…世界最速パトカー

ブガッティ ヴェイロンか!!

最高時速が431.072km/h・・・・・・
翼つけりゃ、空飛べるかもしれんな(笑)

しかし、パトカーにランボルギーニフェラーリアストンマーチンを導入してるって・・・・・
ドバイ警察凄すぎ(w

日本も昔、NSX 栃木県警パトカーとして使ってたというが・・・・・
今も使ってるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

一家に一台、全自動製麺機!?

家庭向け全自動製麺機「おうちdeヌードル」発売 粉と水を入れるだけ

なんか一家に一台欲しいなぁ(笑)
うどんそばはもちろん、ラーメンスパゲッティもできるんだって。

意外と麺打ちして、切っていくのって大変だからね。
修学旅行信州に行って、蕎麦打ち体験したことあったけど、とにかく切るのが大変だった。

なかなか、整った幅で切れないんだよねぇ。
だから、作った蕎麦の味覚が、ゴワゴワした感じになる(笑)

そういや、琴平にある、中野うどん学校 も行きたいんだけどなぁ。
これ、買っちゃったら、うどん学校行かなくてもいいかも!!

でも、値段が25380円と、ちょい高め・・・・・
まあ、こんなもんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

グーッーーーーーーーーーーーーモーニン!、ベットナーーーーーーーーーーム!!

ロビン・ウィリアムズ 代表作ですね。

グーッーーーーーーーーーーーーモーニン!
ベットナーーーーーーーーーーム!!

って貯めに貯めてタイトルコール
これは、いろんなDJが、真似しているからなぁ。
そのあとの、マシンガントークが凄い。
どこまで台本なのか、アドリブなのか!?

てか、本職のDJ経験ってあるのか? ← ロビン・ウィリアムズ

不純な動機があったものの、英語教室の教師になって、ベトナム人にスラングまみれ生きた英語を教えるシーンも、はまっている。
そして、なんだかんだで仲良くなっている。
最後は、約束のソフトボールもやっているし。
やっぱ、異国の人と上手くやっていけるか?、いけないか?は、その人のキャラクター次第・・・・・
と、思いながらも、最終的には、お互いの国と国との感情で、関係が破綻してしまうのが切ない。

あとは、そんな面白いDJを理解できない上官に、救いがたいものを感じるんだよなぁ。(笑)
片っ方の上官はお堅いNHKみたいな放送を求めるし、もう片方の上官は、笑いのセンスがゼロ(w。
典型的な働き者の無能な上官、敵役を、演じきっている。
逆に、そんな破天荒なDJスタイルに寛容な将軍には、逆に、ちょっとした怖さを感じる。
戦況が厳しい部分を、陽気でおちゃらけたラジオで士気を上げようとしている。
使えるものは、なんでも利用する、戦争の現実を、感じてしまうんだよね。

ちなみに、映画でDJをしていたクロンナウアという人は、実在の人物だから、驚き!!
現在は弁護士をしているとか。

しかし、アメリカ軍自体が、放送局(AFN)持っているからね。
日本でも米軍基地近くでは聞けるんだよなぁ。
それで、洋楽に興味を持った日本のミュージシャンもいるんだから、何とも言えないものがある。

日本で、こういう放送局作ったら、どっちからも叩かれそうだろうなぁ・・・・・orz
「自衛隊の為の放送局なんて税金の無駄使いだ!!」
「国を守る自衛隊が、おちゃらけた番組聞いていいのか!?」

おまえら、真面目か!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

地下鉄パニック映画3連発

鉄道物パニック映画の決定版ですね。

犯人グループのリーダーと、地下鉄側のカーバー警部補との、やりとり、せめぎあいが面白い。
地下鉄という暗い空間で行われる密室劇のサスペンス。
そして、地上からも、地下で完全犯罪を企む犯人グループを追いかる警察。
そして人質となった17人の乗客の人間ドラマ。

交渉人 真下正義は、この映画のオマージュなんだなぁ・・・・・
って事を思ってしまう。(笑)

1970年代中盤のニューヨークの街並みや、ファッション、当時のニューヨーク地下鉄の様子が伺えるのも、この映画の面白いところ。
あと、ニューヨーク市長ダメダメっぷり、だけどどこか憎めない役柄が、結構好き。
このころの映画って緊迫したストーリーの中にも、どこかウィットに富んだ笑いがあるから好きだ。

実は、サブウェイ・パニック 2009年にもサブウェイ123 激突 って名前でリメイクされたんだよね。

犯人グループのリーダージョン・トラボルタ
こっちは、今風のテンポの速い、ミステリーだけでなく、アクションの要素も含んだ作品になってます。
あと、より地下鉄側のカーバー(リメイク版では運行責任者)犯人グループのリーダーのライダーとの対決強調されていますね。
リメイク版のニューヨーク市長も、どこか抜けていますが、このキャラクターも憎めない良い人なんですよね。

確かに映像とかは、リメイク版の方が良いんだけど、役者の雰囲気とか結末とかは、古い1974年版の方が好きなのは、やっぱり、俺がオールドタイプの人間だからだろうか?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

禁断の宇宙冒険ゲーム

ボードゲームで起こったことが実際の現実世界でも起きてしまうという
・・・・・って内容から、ジュマンジの続編的な内容ですね。
作者も同じですし。

ジュマンジジャングルの冒険だったのに対して、ザスーラ宇宙冒険がテーマ。
あと、もう一つテーマとしては、兄弟の絆かな。

途中に助ける宇宙飛行士が意外な人物だったり、壊れたロボットが伏線となり、ちゃんと終盤で伏線回収されていたり、よくできたシナリオになっています。
ただ、願い事が叶うカードを2回も引けてしまうのは、引きが強すぎるというか・・・・・・
まあ、あれだけ死にそうな目にあってるんだから、その位の役得がないと、やりたかないゲームか(笑)
エイリアンが、襲ってくるシーンは、まさに

志村、後ろー!!

と言いたくなってしまう(w
このゲームは、1回やったら、二度としたくないだろうな・・・・・
ちゃんと封印しないと、大変なことになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

幸せってなんだって?

『オタク人狼カード』発売中!オタクコミュニティからリア充を追放せよ

こんなのがあるのか・・・・・
でも、オタクって言っても、極めている部類の人間は、収入があるから、それなりに趣味に金を掛けることができる訳で。
だから、金の使う方向性を変えれば、いつでもリア充になれる。

むしろ、リア充だから、オタクになれるんじゃね?

なんて事を言ってみる。

結局、オタクに対する悪いイメージは、心、精神的な問題なんじゃないかと思うのだが・・・・・
だいたい、リア充って言葉が、イラっとくる(w
リアタイヤ充満の略語みたいで気に食わん(w

そもそも、リア充なんて、ひがんでいる立場の人間が言い出したのでは?
幸せな人間が「俺はリア充!!」って言ってるところ聞いたことないし。

というわけで、結論はこうなります。

さんま師匠は偉大だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

ノートに書いた横スクロールゲームが実現する!?

自分で横スクロールゲームを作れる「Pixel Press Floors」でゲームを自作してみたらこうなったレビュー

横スクロールゲームは、アクションゲームの王道!!

やっぱ、スーパーマリオブラザーズやりこんだ世代は、そういう発想になっちゃうのかなぁ?
しかし、手書きで書いた横スクロールゲームが実現化するとは・・・・・

小学校の時、自由帳に、妄想の横スクロールゲーム作って書いてるという根暗な事、やってたな(w ← 自分
パワーアップアイテムは、もち必須!!

陸のステージはもちろん、海のステージ山のステージ地下のステージ
そして、お約束の中ボスのいる城ステージ!!

今思えば、スーマリの影響をもろに受けていたな・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

名鉄これくしょん

名鉄を育成するのだ! 「名鉄これくしょん」がハイクオリティだと話題に
名鉄これくしょん

こんなのあるんだ。
名鉄か・・・・・
関西人には、あまりなじみがない(笑)
あとは、パノラマカー(名鉄7000系電車) かな?

そういや、明治村リトルワールド 行った時に名鉄のお世話になった覚えが。
犬山線だったけ。
パノラマカーギリギリ乗る事ができたんだよねー。

ゲームの仕方は簡単
車両買って、ダイヤ組んだら、勝手に資金が増えていくので、さらに車両買って、ダイヤ組んで、路線を拡張させて・・・・・
繰り返しでOK!!

阪急とか近鉄(阪神 & 山陽も含む)とか、作ってくれないかな(笑)
職人さんの活躍に期待!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

生きている意味とは?

人生とは?
生きている意味とは?

当たり前の事を、再認識させてくれる映画ですね。
クリスマスの夜に起きる奇跡の映画は、これ以外にも、色々あるけど、やはり、この映画が一番の金字塔になるのかなぁ。
そういう意味じゃ、今見るには季節外れの映画なんだけどね。

幸せな人生が一転して、主人公に不幸が襲い、主人公が自殺しようとするんだけど、それを思い留ませる為、二級天使が見せた主人公が生まれて来なかった場合の世の中の描写が正直、怖い。
生きている人間は、たとえ死んでも、その今までやった行いは、良くも悪くも残る。
しかし、生きていた形跡すら無くなるというのは、こんなに残酷なことはない。

それだけに、ラストのシーンは、救われる。

あと主人公を救おうとする天使が、いわゆる一般の天使のイメージとは違う(笑)
まあ、本当の天使って、そんなものなのかもしれないが。
神の使いという解釈をすれば、あの姿も納得できる。

アメリカではどの大学の映画学科でも、この映画を必ず見せるみたいだけど、なんとなくわかります、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

人は何故、サイコロを振り続けるのか?

たぶんボードゲームがテーマになった映画といえば、これを真っ先に思い出すんじゃないかな?

ジュマンジが何を意味しているのかは不明。
ただジャングル探検するだけのゲームです。

まあ、マス目に書かれている事が実際に起きるんだけどね(w

そういうところは、ナイト ミュージアム と似ているような気がするなあ。
ロビン・ウィリアムズも、26年間ゲームの中に閉じ込められてた為、子供がそのまま大人になったような、ぶっ飛んでいるが、26年ぶりに現実の世界に戻ってきて天涯孤独になった事を知った、どこか陰のある主人公を好演してますしね。
そんな主人公と、同じく両親を失った姉弟、そして主人公のガールフレンドだった女性と、ジュマンジのゲームを終わらすべくサイコロを振っていく姿は、過激な人生ゲームのようにも思えるし、ヒューマンドラマにも思える。
ちょっとしたタイムパラドックス的要素もあって、結末も、なかなか面白いです。

ジュマンジの続編は作られなかった訳だが、ボードゲームで起きたことがリアルに起きるという同じコンセプトの映画は、作られているので次は、それを見ようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

スターウォーズのルーツ!?

昨日に続いて、黒澤映画
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望元ネタとなった映画ですね。

太平又七が、お互い的に捕まって離れ離れになったり、捕まった敵のところで、こき使われたり、喧嘩でやりあったりするところは、C-3POR2-D2とのやり取りにそっくりですしね。

あと黒澤映画全体に言える事ですが、カットシーンの転換や、アクションシーンなんかはルーカルだけじゃなく、スピルバークも影響、受けているような気がするんだよね。

敵の手から逃れてホッとしているところに、画面のアンダーカットから敵が大量に現れたりとか(w
大切な物が燃やされるシーンや、馬で駆ける騎乗シーンは、スターウォーズじゃなく、インディ・ジョーンズシリーズで、同じような演出が使われていますからねぇ。

隠し砦の岩山のシーンは、六甲山裏側蓬莱峡でロケされたそうなのだが、そういうロケーションんが日本にもあったんだ!!
そういや、スターウォーズインディ・ジョーンズシリーズ岩山でのシーンが多いし、やっぱ、想像している以上に黒澤映画の影響を受けているんだねぇ。

で、いろいろ調べていたら、こんな動画、発見した(笑)

色々、ニヤリとさせられるシーン、多いなぁ。(笑)
ヒロインは日本の方が勝ってるな!!
(注):意見には個人差があります。

七人の侍では、百姓出の俄侍だった三船敏郎 が、この映画では正真正銘の侍として、縦横無尽の活躍をする。
戦いぶりも七人の侍では、どこか勢いと力任せに刀をぶん回している印象があったが、この映画では、刀も槍も、繊細かつ、ダイナミックに立ち回っているしね。
なにより、ちゃんと騎乗することができているし(笑)
とにかく存在感が半端じゃない。
この後も、用心棒や、椿三十郎で、腕も頭も立つ侍を演じるわけだが、外国人が

三船=SAMURAI

とイメージしてしまう理由が、この映画を見て、よく解った様な気がしました、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

戦いの果てに残った侍達の思いは・・・・・

実は、日本の映画史、下手すりゃ、教科書にも載ってもいい映画なのだが、ちゃんと観たことがなかった。
借りてきてみてきたが、上映時間が3時間オーバーの大作
でも、楽しめて見れる大型時代劇の王道娯楽映画

シノプスが海外で流用されたのも、わかる様な気がします。
村を野武士から守る、その上で犠牲が出る、仲間が一人、また一人と減っていく。
そんな悲劇的なシーンをがあるなか、良い塩梅で入る喜劇パート
一つの映画の中に、喜怒哀楽がすべて詰め込まれている。
そんな、印象を受けましたね。

七人の侍も、一人、一人、キャラが立っている。
沈着冷静なリーダー
それを支える参謀
古くからの戦仲間
ムードメーカー
ストイックな剣豪
経験少ない若武者
そして侍になりたい血気盛んな男

平八の作る旗指物が、また良いんだよなぁ。
田んぼの”た”に、○が6個に△が1個
は、侍を騙っている菊千代を表しているのだが、それでも血気盛んな切り込み隊長としての菊千代を△して表しているのかも知れない。
そして旗指物を掲げて、平八と弔うとともに、仲間と村人を鼓舞するシーンも。

ラストの勘兵衛が言うセリフは、色んな意味が込められているんだろうなぁ。
戦は目的を満たすための手段の一つであり、目的ではないんだよなぁ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

架空紙幣製作所

オリジナル紙幣が作れる「架空紙幣製作所」オープン! あなたの顔もお札に!
架空紙幣製作所

こんなのあるのか!!
しかし、1セット1000枚入りで、25000円
1枚あたり25円のコスト・・・・・

まあ、こんなもんか?
オーダーメイドだしね。

某関係者の顔を入れて、某大会のお札として使うとか・・・・・
良からぬ事を考えてしまうな(w
でも、7種類セットお札がいることになるからなぁ・・・・・
合計で175000円か・・・・・

贅沢な遊びになりそうだ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

マンホールの蓋

みんな同じじゃないんですよ?「マンホールの蓋」ガチャポン登場

モノポリーのマイ駒に使えそう・・・・(ぉぃ

こう色々見てみると、神戸市のマンホールって地味・・・・・
と思いきや、調べてみると神戸市も色んなデザインのマンホールの蓋があるんだ!!
神戸市のマンホール

知らんかった!!

時代とともにマンホールのデザインも変わっていってるのかも知れんね。
どうせなら、鋳像された年度も入れたらいいのに・・・・・

って、それじゃ貨幣か(笑)

そういや、マンホールの型を使ってワッフルを焼きたいってネタをナイトスクープでやったことあったな。
各地のマンホール型の瓦せんべいとか作ったら面白いかも・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

巻き戻しを知らない子供たち

今の子どもには「巻き戻し」が通じない? いつからリモコンの「巻き戻し」表記がなくなったのか調べてみた

マジですか!!

まあ、考えてみたら音楽にしても、動画にしても、今は保存するメディアがディスク(CD、DVD、HDD、BR・・・)だから、再生が終わっても巻き戻しする必要がないからね。
昔は、特にビデオとかは、見終わったら巻き戻しという作業が必要だった。

で、記事見てみたら、やっぱり録画媒体がDVDやハードディスクになった際に巻き戻しから早戻しに表記が変わったとの事。
しかし、早戻しなんて、今、何の為に使っているんだろう?

やっぱ、やらし・・・・・
もとい、何度も見たいシーンの為に、あるのだろうか?
個人的には、面白いシーンを、マンボNo.5に合わせて逆再生できる機能があれば・・・・・
今の技術なら家電製品でも、できなくはないと思うのだが。
てか、スマホのアプリであっても良い様な気が・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

ニューヨークからロサンゼルスまで面倒な賞金首を抱えて・・・・・

最近、映画ネタが続いているなぁ。
ロバート・デ・ニーロと言えば、言わずと知れた名優
そのロバート・デ・ニーロが出演した数ある映画の中で“最も気に入っている作品”と言わしてたのがコレ

ロバート・デ・ニーロの役どころは、簡単に言えば賞金稼ぎ
賞金首ニューヨークまで行って。とっ捕まえて、飛行機に乗ってロサンゼルスに行って、クライアントに賞金首を引き渡して任務終了・・・・・
てなはずだったんですが、この賞金首が、一筋縄でいかない人物
根は悪い人には思えないのだが、とにかくロバート・デ・ニーロ振り回す、振り回す
結果、飛行機でアメリカ大陸を悠々と横断する予定が、鉄道→バス→自動車・・・・・
とハチャメチャなアメリカ横断の旅
をする羽目に。
さらにはFBIや、ギャング他の賞金稼ぎを巻き込みながら、ドタバタを繰り返してロサンゼルスまで旅をしていく。

アクションあり、笑いあり、ヒューマンドラマあり、そしてサスペンスもあって、それが、見事に組み合わさっている名作です。
バックに流れる陽気な音楽も、映画の中での旅を盛り上げてくれる。
うーん、サントラも買ってみようかなぁ・・・・・
って、Amazonで探してみたらプレミア付いていた・・・・・orz

特に賞金首のデュークが、本当に面白い。
頼りないと思ったら、飛行機操縦しようとしたり(最初は飛行機嫌いを騙っていた)、ロバート・デ・ニーロも顔負けしてしまう程、FBI調査官になりきり、偽札調査と偽って、旅費を捻出したり、本当に最後の最後まで、どこか憎めない一筋縄でいかない人物を好演しています。
ラストシーンは、まぁロバート・デ・ニーロ演じるウォルシュの抱えてた過去が清算されたんじゃないかと、解釈しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

人類内部の神秘の世界

インナースペースに続いて、ミクロの決死圏を鑑賞。
見る順番、逆じゃね?
というツッコミはなして。

こちらは、王道SFアドベンチャー映画に仕上がっていますね。
東側から亡命する際に襲撃を受け、脳にダメージを負った科学者をミクロ化した潜航艇を注入させて内部から治療するってのが、大まかなあらすじ。

幻想的に描かれた血管内部や、肺胞にて赤血球が二酸化炭素と酸素のガス交換をするシーン。
潜航艇、および潜入隊を異物とみなして、攻撃してくる抗体や白血球。
そして潜入隊の中にスパイが潜んでいて、さまざまな妨害工作を仕掛けていき、潜入隊員たちが疑心暗鬼へを追い込まれていく描写。
最後まで、見どころたくさんの面白い映画です。

体内に入ったとき、その光景を目にした隊員の一人が
「人間は宇宙の中心だよ。我々は外宇宙(地球の外)と内宇宙(人間の中)の間(地球)、無限のかなたにいる。永遠の空間だ。」
と言うセリフが印象的。

人間は約60兆個もの細胞で構成されていて、毎日約20%の約15兆個もの細胞はが死んでは、新たに増殖していっている。
生命の神秘、あるいは、そこは神の領域なのかもしれませんね。

さて、人類のミクロ化は、現在でも実現していませんが(w
内視鏡などの進化や、カプセル内視鏡カテーテル内視鏡などで、体内の中を見れるようにはなっています。
実際、カテーテル内視鏡使い、患部に直接、処置を施すなんて手術も、行われていますしね。
潜入隊を送り込んで手術は・・・・・
潜入隊員の身に起こるリスクを考えると、実現することは、なさそうかも(w
そう考えると、ミクロの決死圏的な映画は、なんて思ってしまいます、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

ハリウッドVer.たとえ胃の中、水の中

なんか、久々に笑える映画見たわ。
タイトルと内容からSF映画だと、思っていたが、完全なコメディ映画

ミクロの状態になれる特殊潜行艇の実験で、ウサギの体内の中に入る予定が、産業スパイの襲撃を受けて、全く違う人の中に入ってしまい、脱出&元に戻る為のチップを奪還する為に、巻き添えくらった人と、その体内にいる人と、別れたばかりの恋人や産業スパイとドタバタを繰り広げるといったストーリー。

体内の中の探検よりも、どちらからと言えば、巻き添えくらった人と、その体内にいる人との一心同体呉越同舟の関係により、巻き添えを食らった人が、最初は冴えない人なんだけど、どんどん、自信をつけていく展開が、なかかな面白い。

で、敵役ビクター・スクリームショウ役の人。
どっかで、見たことある人だなぁ・・・・・・
と思いきや、パロディ放送局UHFに出ていた、大手ネットワーク8チャンネルの悪役社長じゃないですか!!
ケヴィン・マッカーシーという役者さんだったのか。
知らんかった!!

あと、巻き添えを食らった人ジャック・パター役のマーティン・ショート も、調べてみるとサボテン・ブラザーズで出てくるスリーアミーゴス(サボテン・ブラザーズ)の一人ですね。

ヒロインでメグ・ライアンも出てたりして、そのコメディエンヌぶりを発揮しています。
陽気な80年代の笑えて楽しめるアメリカ映画。
いやー、この映画、気に入ったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

プレミアうまい棒!?

あの「うまい棒」がプレミアムバージョンを発売! 都会的で高級路線に?

こんなの、うまい棒じゃねー!!

でも、定番菓子商品の高級化って成功しているからなぁ。
ポッキーとかハッピーターンとか。
カルビーのポテトチップス高級化に乗り出したしね。

しかし20円倍の値段になっているんだけど、あまり高級感を感じないのは、オレだけだろうか・・・・
プレミアうまい棒を複数本を化粧箱の中に入れて発売すれば、高級感も出て、贈呈品としても重宝することができるかも。

うまい棒の高級化の次は・・・・・
チロルチョコレートの高級化だな!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

そびえ立つ地獄

監督が前に見たポセイドン・アドベンチャーつながりなので見てみた。
簡単に言えば、架空の超高層ビル(138階建)で発生した火災のパニック映画ですね。

最初はボヤ火災だったのが、落成式を強行した為、避難が遅れ、やがで火災が拡大して、被害が大きくなっていく・・・・・
なんか、どこかで見た光景 のように、思えるのは俺だけだろうか?

たぶん、オーナーがすぐに体面を気にせず避難指示を出していれば、、ココまでの惨事にはならなかった・・・・・・
と、言いたいところだが、いかんせん、映画の世界の出来事だけに、そこまで言うのは野暮だしね。

ただ、主人公の一人のスティーブ・マックイーン が言う最後のセリフが笑えないんだよね。

「今日の死者は200人、今にもっと大きなビルで1万人以上の死者がでる」

映画が公開されてから27年後に、このセリフが現実化 しているからね。
火災テロとの違いはあるが・・・・・・

しかしポセイドン・アドベンチャーもそうだったけど、芥川龍之介蜘蛛の糸 を思わせてしまうシーンが、あるんだよねぇ。
はやり、自分の命が助かりたいという思いが、冷静さを失い、頼みの綱を切らせてしまうのは、生物の本能なのか?
あるいは、蜘蛛の糸のエピソードは世界的に有名なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

6代目グリコ看板

道頓堀のグリコの看板がリニューアル、5代目看板の最終点灯は8月17日に

何気に大阪ネタが続く。
戎橋グリコの看板かに道楽セットになっているからねぇ。
そこに、この曲 が流れるのがステレオタイプの大阪・・・・・

ちゃんと聞いてみたら、立派なジャズナンバーじゃないか!!

ちょっと、どこか抜けたホーンセクション軽妙なリズムハイカラなミナミの街新喜劇マッチしたのかもしれない。

閑話休題・・・・・
しかし、今のネオンに代わったのが1998年だから16年前か。
隣接するビルの改装も兼ねていたから、5代目が登場するまで2年ほどのブランクがあったけど。
4代目24年間稼働したことを考えると・・・・・
まあ、模様替えするには、丁度、良いころなのかもしんない。
電飾も、このご時世、ネオン管からLED照明に変わるだろうし。

今秋には6代目が見れるとの事だが、はたして、どういった看板になるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

ついに大阪の最終兵器が稼働!?

あの「太陽の塔」が塔→ロボ→超兵器発動形態にまさかの三段変形する「超合金 太陽の塔のロボ」新発売へ

草葉の陰から岡本太郎

芸術は爆発だ!!

と叫んでいるかもしれない(笑)
しかし、太陽の塔が変形ロボ化するという事は・・・・・

やはり、東京都庁も変形ロボ化するべきでは?

そして、その2体が対決するという展開を(ぉぃ

東京 vs 大阪
岡本太郎 vs 丹下 健三

搭乗者は
たけし vs さんま
・・・・・って、これじゃ、ひょうきん族のコントだ(w
タケちゃんマンロボ、以外とポンコツだったからなぁ・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

輝かしい失敗

最後は、コレ

監督は、この前までやっていた、1970年代後半のジェームス・ハントとニキ・ラウダとのF1ドライバーズワールドチャンピオン争いを描いたRUSH ラッシュ/プライドと友情 ロン・ハワード

主演は、おなじみトム・ハンクス
そして、スタンバイで乗ることになった司令船パイロット役がケビン・ベーコン

考えてみれば、13号って数字が、アメリカ人にとっては不吉
そして人類初の月面着陸というプロジェクト11号で成功させて、12号でもう一度成功させて、13号は、あまり注目されていない状態
それは、宇宙船からのテレビ中継も、実際はテレビ局の電波には、乗っていなかったという作中のエピソードからも、うかがえる。
それが、不幸にも事故が起こって、無事に戻ってこれるのか?と注目されたのは・・・・・

実は、自然な事なのかもしれない。

それは野次馬根性でもなんでもなく、できれば尊い命が失われて欲しくない
そう思い、注目されてしまうのは、同じ人間としての本能なのでは?
ただ、実際には手助けする事が出来ない
祈る、あるいは見守る事しかできない
そこに、実際に救おうとしている人とのギャップというか、感覚の違いというものが出てくるのでは?
と思う。

コンピューターが存在した時代とはいえ、そんな身近なものでなく、計算尺で宇宙船が地球に戻ってくる為のエンジン噴射や軌道計算しているシーンが印象的。
それも、3人が同じことをやって、3人同じ確認が取れて、初めて決定を下す
(今の人間から見れば)技術で足りない点を、知恵でカバーしているというのが感じ取られる。
スイッチ類の操作にしてもそう。
どうすれは、ヒューマンエラーを無くして、正しいオペレーションができるか?というのが劇中でも描かれている。
予期せぬ事態は常に発生する。
その予期せぬ事態に陥った時、どれだけ全力を尽くせるか?
それは、なにも精神論じゃなく、可能性として出きる事をやる
やらなきゃ何も始まらない。
アポロ13号のプロジェクト輝かしい失敗と言われているが、日本人は失敗というと、どうしてもネガティブに考えてしまう
失敗した時点でアウトと思ってしまう事もありがち。
失敗した時点から、どう立ち直り、状況を希望ある方向に持っていけるか?
それが、大切な事なんじゃないかなと、改めて思いました、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

黒部の太陽と、その先に見える光景

これも見た事なかった!!

てか、石原プロモーションの作品は、長らくソフト化されていなかったからね。
黒部ダムという一大プロジェクト
それらに挑む人々を描いた大作映画
なんせ3時間近くありましたから!!

今でこそ、破砕帯とか、難所のあるトンネル工事も、ノウハウと最新技術で乗り切ることができるが、当時は、本当に途方もない工事だった事を感じてしまう。
さまざまな困難を乗り越えて、工事が進捗していく展開は、思わず身を乗り出して画面に釘付けになってしまう。
もちろん、事実に基づいたフィクションの作品であることは重々承知であるが、ちょっとした社会のお勉強的な、一種の教材映画を見ているような錯覚になってしまうのも事実。

そういや、最近、TBSLEADERS リーダーズ というトヨタ自動車をモデルにしたドラマをやったが、制作者の中には映画の「黒部の太陽」を意識して実際にあった一大プロジェクトをドラマとして描きたかったという思いがあったのかもしれない。

作品の舞台となった関電トンネルとは別に、戦前、黒部川第三発電所を作る為に掘られた高熱隧道のエピソードは壮絶
そして、それを淡々と語るベテラン作業員の役を演じているのが、宇野重吉
さらに、その息子で若い作業員を演じているのが、これがスクリーンデビューである寺尾聰
うーん、なかなか粋なキャスティングだし、その後の二人の石原裕次郎との芸能界における関係を考えると感慨深いものを感じるなぁ。

ローマは一日にして成らずとは言ったが、今の土木技術、というか、豊かに生活する為のすべての技術の発達も、先人の大きな犠牲と知恵の上に成り立っているのかもしれない。
そう考えると、後世の人間は、その意味をちゃんと受け止め、技術を継承していき発達させていかなければならないのでは?
と感じずにはいられない。
うーん、最後は、真面目モードになってしまった!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

黄色は幸せを願う色!!

続いて見たのはコレ

名作です。
てか、名作にも関わらず、最初から最後までちゃんと見た事なかったからなぁ。(笑)
4代目の真っ赤なファミリアが、今見てもカッコいい!!
さらに、その真っ赤なファミリアが、雄大な北の大地を走る姿もカッコいい!!

走行するクルマを写すカメラアングルなんかも凝っていて、これ、想像以上に、向こうのロードムービーを意識したんだろうなぁ・・・・・
ってのか感じられるんだよねぇ。

キャスティングも天下の高倉健に、当時は新進気鋭のミュージシャンだった武田鉄矢桃井かおり若いコンビ
ところどころに流れる当時の流行歌に、若い2人と壮年の男との取り合わせが、なんとも言えない映画の雰囲気を出している。
なにより、高倉健武田鉄矢九州男児なのに、映画では北海道を旅しているというのも、なにか不思議な巡り合わせを感じてしまう。

40年前近くの、まだ高速道路も十分に整備されていない北海道の光景や、街並み
そして、ドライブインやガソリンスタンドで休憩するシーンに、古きモータリゼーションの時代を感じてしまう。
それは、もう見ることができない光景なのかもしれない。
夕張も、映画が公開された当時は、斜陽産業になりつつあったとはいえ、まだ炭坑町としての賑わいがあったが、今は・・・・・

やっぱり財政再建団体という言葉が頭をよぎってしまう。

映画としてはハッピーエンドで終わるわけだが、その後を考えると、やっぱり、どこか哀愁を感じられない。
あの光景は、もうフィルムの中でしか見ることができないのか?と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

絶望から希望へと導いてくれるのは・・・・・?

ゴールデンウィーク、体調壊して、遠くに遊びに行くことができないので、映画三昧する事にした。
で、見た映画の一つがコレ。

まあ、まだ時期的には、この映画を語るのは不謹慎かもしれないのだが・・・・・
真っ逆さまに転覆したポセイドン号から、脱出を試みるというパニック映画

そして、脱出を試みるリーダー格の主人公牧師というのが、なかなか興味深い。
船が完全に転覆してしまい、天地がひっくり返り、まさに地獄絵図、絶望感が広がる中で、自らのリーダーシップと行動力で、生きるという希望へと導いていくところに、妙であるが説得力を感じる。
また、カッコいいんだよねぇ、油が乗り切っている頃のジーン・ハックマン が。
どっちかというと、ジーン・ハックマンといえば、スーパーマンレックス・ルーサーのイメージが強かったし。

あと雑貨商のジェームズ・マーティン優しくも頼もしい
主人公のスコット牧師みたいに、ぐいぐいと仲間を引っ張っていくタイプではないが、緊迫感ある状況のなか、場を和ませ、安心させ、パニック状態になっている人々を助ける為の良い潤滑油となっている。
吹き替えが富山敬さんっていうのもあるんだけど、こういう優しくても頼りがいある人やらせたら、本当にうまいなぁ・・・・・って思いました。

悲劇的なシーンも多いが、決して、それを大げさに描いていない
てか悲しいシーンは、普通に演じても悲しい
BGMや、大げさな演出で、必要以上に煽ることはしなくてよい

そういう誤魔化しがないので、より切迫感、そして助かったときの安心感、そしてラストの虚脱感が感じられる映画でした。
純粋にエンタテイメントとしても楽しめるが、意外と深い意味のある映画だったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

じゃんけん必勝法?

「じゃんけん必勝法」を心理学者が発表

まあ、究極の心理戦だからね←じゃんけん
動体視力が良ければ、何出すかを、1/1000秒の世界で見極めてから、手を出すのもありだが(w

しかし、勝者が維持し、敗者は変更する
これは、すべての勝負の世界に通じるような気がするなぁ・・・・・

やっぱり勝っている人は、その勝ち方を維持する傾向があるし、負けている人は試行錯誤を繰り返す
負けても、やり方を変えずに突き通すって、なかなか肝が据わっていないとできないんだよねぇ。

ちなみに、こんな記事もありました。
じゃんけんに勝つための7つのテクニック

宣言どおりに出して7人ぐらいの同時じゃんけんを一発で仕留めた事あります(w

たかが、じゃんけん。
されど、じゃんけん。

うーん、奥深い世界だ・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

おへんろ。

四国始まったな! 萌えキャラがお遍路するテレビ番組「おへんろ。」爆誕

考えてみたら今年は、四国霊場開創1200年記念ですからね。
ニュースでも特集組んでいたりしていましたが、まさか萌えアニメ化するとは。
まあ、でも、こういうのマーケティングのあやで、思った以上に一般層に受け入れられる・・・・・って展開になる事もあるんだよなぁ。

いろいろ解り難い四国八十八箇所巡礼 作法なんかも、わかりやすく説明してくれるだろうし。
四国八十八箇所巡礼する人が増えれば、それだけ、四国四県内での消費が増える
結果、四国の経済が活性化される
経済が活性化されればご利益が・・・・・

なんて風が吹けば桶屋が儲かる的発想に、ついついなってしまいがちだが・・・・・・
ようは気持ちが大切なのではないかと思います、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

雷の正しい回避方法?

雷が落ちたらどうする? を図解

落とされる事が多いです・・・・・(´・ω・`)
しかも、自然現象の雷じゃなく、いわゆる自業自得で落ちる雷

避雷針になっていた事もあったなぁ。
まぁ、納得してたから、間をみて放電してたんだけど、最近は放電がうまくいってない・・・・・

しかし記事に乗っている図の体制維持するのは、かなり大変な気がするなぁ。
30/30のルールに乗っ取って、雷がなりだしたら、安全な場所に避難するのが、一番現実的かも。
光ってから、音がなるまでの時間がわかれば、自分のいる場所から雷が落ちた地点が、どのぐらい離れているか解るしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »