« 地下鉄パニック映画3連発 | トップページ | 一家に一台、全自動製麺機!? »

2014年5月27日 (火)

グーッーーーーーーーーーーーーモーニン!、ベットナーーーーーーーーーーム!!

ロビン・ウィリアムズ 代表作ですね。

グーッーーーーーーーーーーーーモーニン!
ベットナーーーーーーーーーーム!!

って貯めに貯めてタイトルコール
これは、いろんなDJが、真似しているからなぁ。
そのあとの、マシンガントークが凄い。
どこまで台本なのか、アドリブなのか!?

てか、本職のDJ経験ってあるのか? ← ロビン・ウィリアムズ

不純な動機があったものの、英語教室の教師になって、ベトナム人にスラングまみれ生きた英語を教えるシーンも、はまっている。
そして、なんだかんだで仲良くなっている。
最後は、約束のソフトボールもやっているし。
やっぱ、異国の人と上手くやっていけるか?、いけないか?は、その人のキャラクター次第・・・・・
と、思いながらも、最終的には、お互いの国と国との感情で、関係が破綻してしまうのが切ない。

あとは、そんな面白いDJを理解できない上官に、救いがたいものを感じるんだよなぁ。(笑)
片っ方の上官はお堅いNHKみたいな放送を求めるし、もう片方の上官は、笑いのセンスがゼロ(w。
典型的な働き者の無能な上官、敵役を、演じきっている。
逆に、そんな破天荒なDJスタイルに寛容な将軍には、逆に、ちょっとした怖さを感じる。
戦況が厳しい部分を、陽気でおちゃらけたラジオで士気を上げようとしている。
使えるものは、なんでも利用する、戦争の現実を、感じてしまうんだよね。

ちなみに、映画でDJをしていたクロンナウアという人は、実在の人物だから、驚き!!
現在は弁護士をしているとか。

しかし、アメリカ軍自体が、放送局(AFN)持っているからね。
日本でも米軍基地近くでは聞けるんだよなぁ。
それで、洋楽に興味を持った日本のミュージシャンもいるんだから、何とも言えないものがある。

日本で、こういう放送局作ったら、どっちからも叩かれそうだろうなぁ・・・・・orz
「自衛隊の為の放送局なんて税金の無駄使いだ!!」
「国を守る自衛隊が、おちゃらけた番組聞いていいのか!?」

おまえら、真面目か!!

|

« 地下鉄パニック映画3連発 | トップページ | 一家に一台、全自動製麺機!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グーッーーーーーーーーーーーーモーニン!、ベットナーーーーーーーーーーム!!:

« 地下鉄パニック映画3連発 | トップページ | 一家に一台、全自動製麺機!? »