« 架空紙幣製作所 | トップページ | スターウォーズのルーツ!? »

2014年5月18日 (日)

戦いの果てに残った侍達の思いは・・・・・

実は、日本の映画史、下手すりゃ、教科書にも載ってもいい映画なのだが、ちゃんと観たことがなかった。
借りてきてみてきたが、上映時間が3時間オーバーの大作
でも、楽しめて見れる大型時代劇の王道娯楽映画

シノプスが海外で流用されたのも、わかる様な気がします。
村を野武士から守る、その上で犠牲が出る、仲間が一人、また一人と減っていく。
そんな悲劇的なシーンをがあるなか、良い塩梅で入る喜劇パート
一つの映画の中に、喜怒哀楽がすべて詰め込まれている。
そんな、印象を受けましたね。

七人の侍も、一人、一人、キャラが立っている。
沈着冷静なリーダー
それを支える参謀
古くからの戦仲間
ムードメーカー
ストイックな剣豪
経験少ない若武者
そして侍になりたい血気盛んな男

平八の作る旗指物が、また良いんだよなぁ。
田んぼの”た”に、○が6個に△が1個
は、侍を騙っている菊千代を表しているのだが、それでも血気盛んな切り込み隊長としての菊千代を△して表しているのかも知れない。
そして旗指物を掲げて、平八と弔うとともに、仲間と村人を鼓舞するシーンも。

ラストの勘兵衛が言うセリフは、色んな意味が込められているんだろうなぁ。
戦は目的を満たすための手段の一つであり、目的ではないんだよなぁ・・・・・

|

« 架空紙幣製作所 | トップページ | スターウォーズのルーツ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦いの果てに残った侍達の思いは・・・・・:

« 架空紙幣製作所 | トップページ | スターウォーズのルーツ!? »