« 絶望から希望へと導いてくれるのは・・・・・? | トップページ | 黒部の太陽と、その先に見える光景 »

2014年5月 5日 (月)

黄色は幸せを願う色!!

続いて見たのはコレ

名作です。
てか、名作にも関わらず、最初から最後までちゃんと見た事なかったからなぁ。(笑)
4代目の真っ赤なファミリアが、今見てもカッコいい!!
さらに、その真っ赤なファミリアが、雄大な北の大地を走る姿もカッコいい!!

走行するクルマを写すカメラアングルなんかも凝っていて、これ、想像以上に、向こうのロードムービーを意識したんだろうなぁ・・・・・
ってのか感じられるんだよねぇ。

キャスティングも天下の高倉健に、当時は新進気鋭のミュージシャンだった武田鉄矢桃井かおり若いコンビ
ところどころに流れる当時の流行歌に、若い2人と壮年の男との取り合わせが、なんとも言えない映画の雰囲気を出している。
なにより、高倉健武田鉄矢九州男児なのに、映画では北海道を旅しているというのも、なにか不思議な巡り合わせを感じてしまう。

40年前近くの、まだ高速道路も十分に整備されていない北海道の光景や、街並み
そして、ドライブインやガソリンスタンドで休憩するシーンに、古きモータリゼーションの時代を感じてしまう。
それは、もう見ることができない光景なのかもしれない。
夕張も、映画が公開された当時は、斜陽産業になりつつあったとはいえ、まだ炭坑町としての賑わいがあったが、今は・・・・・

やっぱり財政再建団体という言葉が頭をよぎってしまう。

映画としてはハッピーエンドで終わるわけだが、その後を考えると、やっぱり、どこか哀愁を感じられない。
あの光景は、もうフィルムの中でしか見ることができないのか?と。

|

« 絶望から希望へと導いてくれるのは・・・・・? | トップページ | 黒部の太陽と、その先に見える光景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/59595215

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色は幸せを願う色!!:

« 絶望から希望へと導いてくれるのは・・・・・? | トップページ | 黒部の太陽と、その先に見える光景 »