« 人類内部の神秘の世界 | トップページ | 巻き戻しを知らない子供たち »

2014年5月14日 (水)

ニューヨークからロサンゼルスまで面倒な賞金首を抱えて・・・・・

最近、映画ネタが続いているなぁ。
ロバート・デ・ニーロと言えば、言わずと知れた名優
そのロバート・デ・ニーロが出演した数ある映画の中で“最も気に入っている作品”と言わしてたのがコレ

ロバート・デ・ニーロの役どころは、簡単に言えば賞金稼ぎ
賞金首ニューヨークまで行って。とっ捕まえて、飛行機に乗ってロサンゼルスに行って、クライアントに賞金首を引き渡して任務終了・・・・・
てなはずだったんですが、この賞金首が、一筋縄でいかない人物
根は悪い人には思えないのだが、とにかくロバート・デ・ニーロ振り回す、振り回す
結果、飛行機でアメリカ大陸を悠々と横断する予定が、鉄道→バス→自動車・・・・・
とハチャメチャなアメリカ横断の旅
をする羽目に。
さらにはFBIや、ギャング他の賞金稼ぎを巻き込みながら、ドタバタを繰り返してロサンゼルスまで旅をしていく。

アクションあり、笑いあり、ヒューマンドラマあり、そしてサスペンスもあって、それが、見事に組み合わさっている名作です。
バックに流れる陽気な音楽も、映画の中での旅を盛り上げてくれる。
うーん、サントラも買ってみようかなぁ・・・・・
って、Amazonで探してみたらプレミア付いていた・・・・・orz

特に賞金首のデュークが、本当に面白い。
頼りないと思ったら、飛行機操縦しようとしたり(最初は飛行機嫌いを騙っていた)、ロバート・デ・ニーロも顔負けしてしまう程、FBI調査官になりきり、偽札調査と偽って、旅費を捻出したり、本当に最後の最後まで、どこか憎めない一筋縄でいかない人物を好演しています。
ラストシーンは、まぁロバート・デ・ニーロ演じるウォルシュの抱えてた過去が清算されたんじゃないかと、解釈しています。

|

« 人類内部の神秘の世界 | トップページ | 巻き戻しを知らない子供たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/59624248

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークからロサンゼルスまで面倒な賞金首を抱えて・・・・・:

« 人類内部の神秘の世界 | トップページ | 巻き戻しを知らない子供たち »