« 未知との遭遇 | トップページ | 愛の逃亡劇!? »

2014年7月11日 (金)

競馬とは・・・・・・

お馬ちゃんが、私にお金を運んでくれる素晴らしいものなり by 両津勘吉

まぁ、正しくは

お馬ちゃんが、国庫にお金を運んでくれる素晴らしいものなり by 農林水産省

なのだが(w

競馬の面白さは、もちろん、勝つ馬を予測して掛けることもあるんだけど、レースの最後の直線に入った時の興奮!!
馬、ジョッキーは勿論、観てる方、賭けている方も、アドレナリンが分泌され、思わず、声が出てしまう。
「それ、○番行け!!」という声が後ろから聞こえた時、それが、自分の賭けている馬だったら、まるで後押ししてくれているようで、どれだけ嬉しいか!!

まあ、その興奮に、あまり取りつかれてしまうと、とんでもないことになるのだが。
ちなみに、わたくしの競馬は、プラスの状態でメインレース前に帰るという暴挙をして以来、本格的にやっていません(笑)

前置きが、長くなってしまいましたが、映画の説明。
まあ、ようは一人の男が、競馬で勝ちまくっていくというストーリー。
大穴を取って、その配当金で、さらに勝負に行くんだから、馬券売り場の男との奇妙な友情みないなものが生まれいくのも面白い。
そして、ギャンブルの落とし穴にハマって借金をする男一人だけ大勝している事に対するジェラシー的な視線そして奥さんには愛想を尽かされていく・・・・・

勝負師は、常に孤独なものなのか?

そんな描写もあるなか、主人公の男は一世一代の勝負に出る・・・・・

まあ、結末は実際に見てください。
フィクションの世界のレースなのに、さも現実のレースのように引き込まれてしまいます。
なにより頭数立てが少ない(8頭ぐらいなか?)のが、フィクションとはいえレースの面白さを引き出しているのかも。
この映画の世界観は中央競馬では味わえないかも?
むしろ園田とかの地方競馬に行けば味わえるか?

P.S:何気に、この映画の主人公:トロッター(リチャード・ドレイファス)と、奥さん:パム(テリー・ガー)が、未知との遭遇でも、夫婦役(ロイ・ニアリー & ロニー・ニアリー)で出ていた点について。
この二つの映画におけるの夫婦の結末を比較するのも、結構、面白いかも。

|

« 未知との遭遇 | トップページ | 愛の逃亡劇!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競馬とは・・・・・・:

« 未知との遭遇 | トップページ | 愛の逃亡劇!? »