« 柳沢慎吾ベスト盤CD & DVD | トップページ | スタジアムパニックムービー »

2014年7月23日 (水)

あなたの人生をテレビ中継され続けられることってできますか?

トゥルーマン・ショーって映画を覚えていますでしょうか?
主人公のトゥルーマンが生まれたときから人生の全てを24時間撮影され、その模様が自分の知らないところで、全世界にテレビ番組として中継されているといった内容のコメディ映画。

エドtvは、その逆。
とある倒産寸前のケーブルテレビ局が、一般人を24時間ずっと置けかけて放送するという企画を立案。
オーディションに受かった主人公のエドが、ケーブルテレビ局との契約の元で、プライベートもなく生活している様子を24時間、放送される事になるというストーリー。

ただ、放送されるのが、エドだけならいいが、兄弟や家族、恋人も、カメラの前に晒されるわけだから、たまったもんじゃない。
挙句の果てには、「付き合っている恋人がエドに相応しくない!!」視聴者や、他のマスコミ(新聞・テレビ)等で言われる始末。
映画は進んでいくにつれて、家族の過去が暴露されるわ、明らかに売名目的で近づいてきた女性との○○○(自主規制)が中継されようとするわの、エスカレートぶり。

さすがにエスカレートしすぎた事に気づいた番組立案者の女性プロデューサーは上層部に、番組の打ち切りを提案するものの、全米的人気番組になっているエドtvを打ち切る事なんてできる事もなく、またエドの降板要請に関しても契約を盾に認めず

もっと過激にして、儲けまくるぞ!!

と、いった態度。
さあ、エドtvの行方は・・・・・

てな内容。

見せる阿呆に、見る阿呆、他人の人生見て、そんなに面白いか?
なんて、思ったりもするんだけど、この映画を見て面白いと思っちゃう時点で、そうなんだろうなぁ(笑)
結局、おなじ阿呆なら見なきゃ、損々!!

相手の人生を上辺だけ知った気分になって感情移入してしまう。
そんなところに、まあ、怖さを感じるっていう感じ。
しかし、なんだかんだいっても、主人公のエドは、映画の中の話とはいえ図太いと思った。(笑)
普通の神経の持ち主なら1日、カメラに追っかけられているだけで、神経は持たないと思うが。
逆に図太い神経持っているから、反撃に転じる事ができたって気はしないでもないが。

しかし、トゥルーマン・ショー1998年に公開された映画。
そして、このエドtvが翌年の1999年に公開された映画。
テーマが似ているだけに、監督のロン・ハワードも、トゥルーマン・ショーを意識したのかなぁ。
エドtvを放送しているケーブルテレビ局の名前がトゥルーTVだから、相当意識しているか(w

最後に映画の中で番組立案者の女性プロデューサーが言った

膨らました風船ガムは、どこかのタイミングで割らないといけない。
でないと、大きくなりすぎて割れた時に大変なことになってしまう。

は、名言。

何事も、終わり時を見誤ると大変な事になると思います、ハイ。

|

« 柳沢慎吾ベスト盤CD & DVD | トップページ | スタジアムパニックムービー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あなたの人生をテレビ中継され続けられることってできますか?:

« 柳沢慎吾ベスト盤CD & DVD | トップページ | スタジアムパニックムービー »