« 競馬とは・・・・・・ | トップページ | 赤を切るか?、青を切るか? »

2014年7月12日 (土)

愛の逃亡劇!?

借りてきてみてみた。
ロン・ハワード初監督作品です。
うーん、ジョン・ランディス もそうだけど、どうも名監督と言われる人は、若い頃に自作自演をしたいみたいだねぇ。
ジャンルとしては、カーアクションコメディ

結婚を両親に反対された女の子が、彼氏であるサム:ロン・ハワードと父親の愛車であるロールスロイスに乗って逃走。
それを女の子の両親雇った私立探偵が追いかけ、さらに二人の逃避行を知った(親が勝手に決めた)婚約者の男が追いかけ、さらにラジオ局に「ポーラを連れ戻してくれた人に2万5千ドルの賞金を出す」と言い出したから、市井の人まで追跡劇に参加してくる。
さらに、婚約者の男の母親「危険な追跡劇をしている婚約者の男を連れ戻してくれた人に2万5千ドルの賞金を出す」と言い出したために、ドタバタに拍車が掛かる。
さて、愛し合う二人は、無事に追跡者の手を逃れ、結婚することができるのか・・・・・・

てな内容。

ふんだんにクルマを使ったアクションなんかは、激走!5000キロ
ノーテンキに、主人公二人の逃走劇と追う人々の追跡劇を煽りながら実況生中継するラジオ局DJは、デスレース2000年の司会者の影響を受けているような気がするなぁ。

って、プロデューサーが激走!5000キロと同じ、ロジャー・コーマン か。
どおりで、雰囲気が似ていると思った。
納得!!

「逃走者を捕えたものに賞金を出す」という展開は、のちにロン・ハワードが手がける身代金 でも、使ってますね。
コメディサスペンスという差はありますが。

展開も、ずっとドタバタなストーリーではなく、締めるところは、ちゃんと締める。
それだけに、終盤に向けてのドタバタ劇に対して、良いアクセントになっている。
予算も限られた映画だと思うんだけど、娯楽映画としては、なかなかの秀作。
のちに、ロン・ハワードオスカー取ったのも頷けるような気がします。

やっぱり、笑いの映画を撮れる監督って、どんな映画も撮れるんですね。

|

« 競馬とは・・・・・・ | トップページ | 赤を切るか?、青を切るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛の逃亡劇!?:

« 競馬とは・・・・・・ | トップページ | 赤を切るか?、青を切るか? »