« ミャンマーを走るキハ181系 | トップページ | F1サーモグラフィ »

2014年9月 3日 (水)

第9地区

宇宙人地球に来て難民となる。
で、その難民を管理する組織がある。
その模様をドキュメントタッチで追う。

で、宇宙人を管理、監視する主人公はふとしたきっかけから、手が半分、宇宙人状態になってしまい、家族や仲間からも見放され、様々な組織から追われることに・・・・・ってな映画

南アフリカで撮られていることもあり、かつてのアパルトヘイト政策 を皮肉った描写等があるのが、なかなか深い。
また、序盤のドキュメンタリータッチな描写の演出が、さも現実に起きた事件のように思わせてしまうから不思議。

作品自体は、結構ディープ。
主人公人間特有のエゴというか、元に人間に戻りたい、それゆえ冷静さを失い、誰も信じられないような感じになっていく様が痛々しい。
アクションシーンも派手だが、正直グロイ・・・・・
残虐シーンが多すぎるので、家族で楽しく観る・・・・・て訳にはいかんかも(笑)

基本的には
・宇宙人
・宇宙人を管理する組織
・宇宙人相手にあこぎな商売やってるギャング

この3つの組織しか出てこないんだよねぇ。

ここに
・宇宙人の解放を求める人類の組織
が出てくると、よりリアル・・・・・
って、話の収集がつかなくなってしまうか(笑)

しかしエビ型宇宙人で大量の難民がいるって・・・・・・
ひょっとしてウルトラマンバルタン星人 を参考にした!?

|

« ミャンマーを走るキハ181系 | トップページ | F1サーモグラフィ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第9地区:

« ミャンマーを走るキハ181系 | トップページ | F1サーモグラフィ »