« トッツィー | トップページ | フロスト×ニクソン »

2014年9月15日 (月)

タクシードライバー

最後のアメリカンニューシネマと言われている、この作品 だが・・・・・・

面白かったけど、ラストの展開が同じく監督:マーティン・スコセッシ & 主演:ロバート・デ・ニーロで撮ったカジノ とダブったのはオレだけか?

しかし、当時のニューヨークの描写が生々しい。
特にまだ成年に達してないジョディ・フォスター演じるアイリスの役柄は・・・・・

今の時代は完全にアウトでしょ・・・・・

で、それに触発されてレーガン大統領暗殺未遂事件 が起きるって話なんだけど、うーん、映画見る限りじゃ、いまいち理解できん
確かに映画の中では、主人公のトラヴィスは大統領候補暗殺を企てるが未遂に終わるし。
やるなら、それこそ(自主規制)に行って・・・・・なんじゃね?

歴史上の人物としてフォスターと同等の立場になる=大統領の暗殺を企てる

ってのもなぁ(w

なら、役者目指せよ!!

って感じがするが。
いや裏方(監督や脚本家)でも良いんだが。

かまって欲しいなら、世の中のプラスになる方でかまって貰えるようになれよ・・・・・

とエラそうな事、言ってみる(w

ちなみに、終盤に見せるトラヴィスのモヒカン姿特殊メイクなんだって。
なんでも、別の撮影があった為、実際に剃るわけにはいかんかったとか。
役者バカデ・ニーロの事だからてっきり、本当に剃ったと思っていた(笑)

|

« トッツィー | トップページ | フロスト×ニクソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タクシードライバー:

« トッツィー | トップページ | フロスト×ニクソン »