« 20世紀アクションヒーロー総選挙 | トップページ | サル・ゴリラ・チンパンジ~♪ »

2014年10月 8日 (水)

ボルケーノ

思った以上に面白かった。← ボルケーノ
ロサンゼルスのど真ん中で火山が噴火するという普通ならありえないシチュエーションを、上手い具合にパニック映画にしている。
なにより、トミー・リー・ジョーンズ名現場指揮官ぶりが光る・・・・・

って、そういうイメージの役多いなぁ。← トミー・リー・ジョーンズ
逃亡者ジェラード保安官や、メン・イン・ブラックエージェントKとか。
日本じゃ、CMのせい 宇宙人のイメージが強いけど(笑)

とにかく使えるものは何でも使って、指示を出して、溶岩の流れを食い止めようとする。
現実にこんな指揮官が居たら、どれだけ災害を最小限に防ぐ事ができるか・・・・・

あと、この映画の隠れた裏テーマは、人種差別の壁を乗り越えるってことかな?
様々なコミュニティーが存在して、人種差別を背景により暴動事件 が起こったロサンゼルスが舞台になっているし、アジア系の女性医師も登場するし、お互いを敵視している白人警官と黒人住民が、和解して溶岩阻止作戦を手伝うってシーンもあるし。
なんといってもラストシーン小さい男の子が言った(火山灰まみれになって)「みんな同じ顔をしている」というセリフが、この映画の裏テーマを物語っているように思える。

しかし、なんもない平坦な街に突然、マグマが噴火する事なんてあるのだろうか?
まあ、別に火山がなくても我々人類はマントルというマグマの元の上で住んでいるからなぁ。
そう考えると、火山が身近に存在する都市に住んでる人って大変なのか?、あるいは日常になってしまっているのか?
引っ越ししてくると、そうとう戸惑うだろうなぁ・・・・・

|

« 20世紀アクションヒーロー総選挙 | トップページ | サル・ゴリラ・チンパンジ~♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルケーノ:

« 20世紀アクションヒーロー総選挙 | トップページ | サル・ゴリラ・チンパンジ~♪ »