« 東京駅発、ニューヨーク行き!? | トップページ | ピラミッドに毒を吐いてみる »

2014年11月 8日 (土)

アウトブレイク

また、このご時世に不謹慎な映画を見る俺って・・・・・
まあ、勉強、勉強。← アウトブレイク

個人的には

ダスティン・ホフマン無双

って感じの映画(笑)

小さい体で八面六臂の活躍。
相棒 & 部下役のソルト少佐(キューバ・グッディング・Jr)も良い味だしているし。
終盤はほとんど、典型的なハリウッドのアクション映画のノリ。

あとモーガン・フリーマン演じるビリー・フォード准将の立ち位置も面白い。
ドナルド・サザーランド演じるドナルド・マクリントック少将との対立、対決は、痺れるものがある。

マクリントック少将軍事機密を守る事に固執して暗黒面に落ちていく、いや、完全に落ちてしまう感じがしないわけでもない。

しかし、爆弾を落として感染した村を焼き払うという決断をするホワイトハウスのシーンは、緊迫感溢れるというか、数十億人の命を救う為、数千人を犠牲にする事に関する罪の十字架を背負う悲壮感みたいなものを感じずにはいられない。(ちょいネタバレ)

白いシーツを玄関に掲げるシーンは、トラウマになりそうだ・・・・・

監督のウォルフガング・ペーターゼン は、ネバー・エンディングストーリー、そしてエアフォース・ワン の監督でもあるんだけど、同じ監督が撮った映画には思えないんだなぁ。

もっとシリアスな映画だと思ったが、意外とエンタテイメント色に仕上がっている映画でした。
やっぱダスティン・ホフマン無双だよなぁ・・・・・

|

« 東京駅発、ニューヨーク行き!? | トップページ | ピラミッドに毒を吐いてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウトブレイク:

« 東京駅発、ニューヨーク行き!? | トップページ | ピラミッドに毒を吐いてみる »