« 上手い人口肉が食いたい!! | トップページ | ジライヤ復活!! »

2015年10月10日 (土)

感動するってそんなに良い事なのかな?

ハイリスクでも感動を……組体操「巨大ピラミッド」を行う理由とは?

いっつも思うんだけど、感動って当事者がするものであって、部外者がするもんじゃないかと思うのだが・・・・・

まあ、言ってしまえば自己満足行為であって、それを外から見ている人も満足している内は良いんだけど、自己満足行為を外から見ているだけなのに、満足できない=感動できない=けしからん!!って風潮は凄く嫌悪感あるんだよね。

俗に感動のタダ食いと、僕は勝手に言っているんだけど。
人間ピラミッドもやってる人間は、何とか成功させようと、一体感を持って挑んでいる。
だから成功した時には、達成感と感動が得られるんだと思うんだけど。

じゃあ、観ている人間はどうなのか?
失敗して骨折までしているのに、人間ピラミッドの達成した時の感動を味わいたいんだったら、オマエがやれ!!って気がするんだよねー。

てか、感動って良い事なのか?
どうも、感動の押し付けが感動を薄っぺらいものにしている。
てか、感動と感傷を一緒にしてないか?

たとえばフランダースの犬のラストシーン。
あれを感動的と思える人間は、どうかしていると思うぞ!!(言いきりました)
まともな感性を持っている人間なら人道的に憤りを感じるし、100歩譲っても物語における主人公の不条理な結末に関して感傷的になってしまうと思うのだが。

感動するのは勝手だが、その為に感動を正義の印籠にして人に不幸を押し付けるなって感じだな。

|

« 上手い人口肉が食いたい!! | トップページ | ジライヤ復活!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/62449579

この記事へのトラックバック一覧です: 感動するってそんなに良い事なのかな?:

« 上手い人口肉が食いたい!! | トップページ | ジライヤ復活!! »