« ドラクエブランド強し | トップページ | オレンジカーペット »

2015年12月10日 (木)

インターネットと動画の話

ネットの全帯域の70%がムービーの配信に占領されているという報告

裏を返せば、それだけインターネットを介した動画配信があたりまえになったという事か。
20年前なんて、動画どころか、静止画と音が出るだけでも大喜びだったし。
動画が見れても解像度が極端に低かったり、コマ落ちが多かったり。
でも、それが嬉しかった時代。
まだ、テープのビデオカメラが主流で、これをパソコンに取り込むとなると大変だった時代。

YouTubeが登場したあたりから、インターネットでも動画があたりまえのように見れるようになったイメージあるね。
デジタルビデオカメラやカメラ付き携帯電話の普及で、デジタル動画を容易に撮れるようになったのが10年前かな?

そして今や、スマホ等で本当に気軽に高画質の動画が撮れるようになったし、デジタル編集もしやすくなった。
動画配信や、放送したテレビ番組の再配信も始まったし。

となると、回線の負荷もさらに増えるだろうなぁ。
回線の送信できるデータ容量を増やすか、あるいは動画圧縮技術を進化させるか。
難しい問題である。

|

« ドラクエブランド強し | トップページ | オレンジカーペット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/62844808

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットと動画の話:

« ドラクエブランド強し | トップページ | オレンジカーペット »