« どうなるEX-ICカード!? | トップページ | HDDレコーダーでこまめな編集作業は向いてない!? »

2016年1月31日 (日)

819系 DENCHA

電気がない区間は蓄電池で走る 非電化区間の次世代車両「819系 DENCHA」、車両デザインをJR九州が発表

やろうとしている事の理屈は判る。
筑豊本線の折尾~若松間は、非電化の盲腸線になっているしね。
洞海湾を横目にディーゼルカーが爆音鳴らしながら激走している(笑)

でも、途中で充電切れなんて事にはならないのだろうか?

いや、でも充電式だから架線トラブルとかは心配ないって事か。

これで、福北ゆたた線と若松線の筑豊本線直通運転が再開されれば、若松近辺のレトロ地区の注目度も、また上がるかも?
あとは、折尾駅の改造工事と駅舎復元がおわれば、ちょっとした近代遺産観光ゾーンとして再注目されそうな気がするんだけどなぁ。

|

« どうなるEX-ICカード!? | トップページ | HDDレコーダーでこまめな編集作業は向いてない!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63147601

この記事へのトラックバック一覧です: 819系 DENCHA:

« どうなるEX-ICカード!? | トップページ | HDDレコーダーでこまめな編集作業は向いてない!? »