« 600万円で宇宙に行くか?、車を買うか?、運命の分かれ道!! | トップページ | オリコンチャートよ、どこに行く? »

2016年1月27日 (水)

衝突安全性能の進化?

1959年と2009年の自動車を衝突させるとこんなに違う、50年間で自動車の衝突安全性能はこれだけ向上

1959年と2009年の自動車同士を衝突させて安全性能の向上ぶりを比較するってのは、ちょっと違うような気がするなぁ。

1959年と2009年の自動車を同じ強度の壁にあてる実験なら理解できるが。
しかし、動画をちゃんと見てみると、2009年のクルマは衝突した時の衝撃を吸収、分散しつつ、ちゃんと運転席の部分はガードしている事がよく解る。
衝突した際に車体に掛かる衝撃を吸収、分散しなければ、内部、つまり乗っているドライバーに衝撃の負荷が掛かるからね。

1959年のクルマは逆に衝突した時の衝撃を素直に吸収しすぎて、運転席の部分まで衝撃が伝わってしまってる。
これじゃあ、載ってるドライバーは助からんだろうなぁ。

しかし、自動操縦、自動制御によるセーフティ機能が向上すると、こういう衝撃基準も起こりえないという発想で規制が緩くなってしまうのだろうか?

|

« 600万円で宇宙に行くか?、車を買うか?、運命の分かれ道!! | トップページ | オリコンチャートよ、どこに行く? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63130016

この記事へのトラックバック一覧です: 衝突安全性能の進化?:

« 600万円で宇宙に行くか?、車を買うか?、運命の分かれ道!! | トップページ | オリコンチャートよ、どこに行く? »