« 新幹線の運転って難しい!! | トップページ | 移動も月額固定制!? »

2016年2月 8日 (月)

和をもって尊しとなすを手段と勘違いしてませんか?

「空気を読む人」が海外で評価されない、実はとても哲学的な理由(piano-treeの日記)

「インターネットはその匿名性ゆえに無責任な批判が跋扈する、なのでけしからん」
って、そんな発想出る環境なのは日本ぐらいだろう。

批判というか、野次だと思うんだよね、野次。
みんな、ワー、ワー言ってる状況で、オレが言ってもわかんねーだろうって罵詈雑言浴びせちゃう。
で、妙な間が出来て、その瞬間だけ、周囲の罵声の波が引いて目立ってしまい

「酷いこと言うやつだ!!」

って叩かれる対象になったり(w

あるいは、センスが良い野次だと、逆に爆笑が起こったり。

コレは、日本の価値観と欧米の価値観の違いにも繋がってくるんだけど、

やっぱ十七条憲法和をもって尊しとなす

という精神が日本人の根底にあるのかなぁ。

和を乱さない為に明確な対立構造を造らないってのは消極的といえば消極的だが。

ただ、日本人の持つ他者に対する尊敬を重視と言っている割には欧米は批判精神はOKと言っているんだから、本当に欧米に対して尊敬をしているのなら、じゃあ日本人とは違い、思いっきり本音でぶつかりにいってまいります・・・・・てな発想にならず、他者に対する尊敬を重視を欧米人は判ってくれるはずだと、ある意味、日本人の価値観を押し付けているような気がするんだけどなぁ。

で、妙なタイミングで切れる(w

だったら、欧米人からしてみりゃ

怒ってるんだったら、怒っているといってくれ!!

という、結果的に見れば空気を読めてない事になってしまう。

和をもって尊しとなすは、目標であって手段ではないと思う。
和をもって尊しとなすを、争いの起こらない為の手段と思っているから、自己主張しないであったり、空気を読むであったり、対立の生むような事はしないであったりと言った、消極的な発想しか出てこないのではないかと。

まあ空気読めは、日本人をコントロールしやすい言葉なのかも。

|

« 新幹線の運転って難しい!! | トップページ | 移動も月額固定制!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63183654

この記事へのトラックバック一覧です: 和をもって尊しとなすを手段と勘違いしてませんか?:

« 新幹線の運転って難しい!! | トップページ | 移動も月額固定制!? »