« ピンボールメーカー!? | トップページ | 世界に一台しかない水陸両用ランボルギーニが、たった290万円!! »

2016年4月11日 (月)

映画は会議室で撮っているんじゃない、現場で撮っているんだ!!

「今の日本映画はつまらない」という記事に反発するも……音楽プロデューサー福田裕彦さんの擁護ツイートが大炎上

てか、炎上の元となった記事読んだ方が良いかもね

今の日本映画にもの申す…「レベルが本当に低い!」 英映画配給会社代表が苦言

結論から言えば、進撃の巨人コミックが原作の恋愛映画つまらないと言っているのは、個人の好みの問題のように思える。
それよりも、製作委員会方式という、出資者側が映画製作の主導権を握って監督が映画製作の主導権を握れない現状に不満を抱いているみたいだね。

言ってみたら、もっと映画を作る現場を信用、信任してあげろよと。

たしかに映画の大作を作るとなると、ハイリスク・ハイリターンな訳で。
会社サイドがリスクを分担しようという発想になるのは判る。
ただ、それ以上の思惑が入ってしまうと・・・・・

たとえば主役をキャスティングしている芸能事務所が製作委員会にいたら、いわゆるバーターで脇役とかも同じ芸能事務所で固めてしまう。
脇役も実力がある人ならいいが、そうじゃないと演技の足を引っ張ってしまう・・・・・

広告代理店が居たら、さりげなくスポンサーの看板を映してくれとか、スポンサーの商品をさりげなく劇中で使ってくれとか・・・・・
まあ、そのぐらいだったらともかく、○○されるとスポンサーのイメージを損なうとか、こういう表現はスポンサーが難色を示しているとか、内容に口出すようになったら最悪。

テレビ局、まあこれは、今の日本映画の大半ドラマの映画版や、ドラマで培ったノウハウを使って映画を撮っている事も関係するんだけど、それらのプロデューサーは芸能事務所や広告代理店との付き合いもあるので、それらを考慮したキャスティング、内容にしてしまう。

結局、演出家というか、監督は、用意されたキャスティングや内容といったがんじがらめの中で映画を撮らざるを得なくなる。
まあ、そういう限られた状況下でも良質なエンタテイメントを提供できる監督が優秀なんだろうけど、まあ、そうなると安パイ狙いの映画ばかりになって、映画の多様化、多彩化の妨げになる。

結果、ワンパターンになってつまらないって事になるんだろうね。

製作委員会方式は良いんだけど、映画の製作に関しては監督に対して全面的に委ねるべき。
ただし、監督は映画製作が破綻しない様に予算、スケジュールは守るべきだと思う。

出資者と現場に、この2つの線引きをするだけでも、全然違ってくると思うのだが。

と、うだうだ書いてみたが、記事のタイトルが世界の亀山モデル・・・・・orz

|

« ピンボールメーカー!? | トップページ | 世界に一台しかない水陸両用ランボルギーニが、たった290万円!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画は会議室で撮っているんじゃない、現場で撮っているんだ!!:

« ピンボールメーカー!? | トップページ | 世界に一台しかない水陸両用ランボルギーニが、たった290万円!! »