« あらゆる肉のBBQ!! | トップページ | スシ1グランプリッ!! イン 大廻転っ!! »

2016年5月 7日 (土)

マクラーレン・F1とPC-98DO+と、とあるF1ドライバーB氏の武勇伝

5億円以上の価値を持つ「マクラーレン・F1」のメンテナンスには20年前のCompaq製ノートPCが不可欠と判明

一度、構築したシステムを別ハードに移植するのは大変・・・・・
なんせ、こんな記事があるぐらいですから

あの「PC-98」が高値で売られ続けていた その意外な使われ方

って記事の写真がPC-98DO+(w
当時全盛期を誇っていたPC-9801のソフトと、8Bitパソコンの雄、PC-8801のソフトが使える、夢のようなマシン・・・・・
という謳い文句だったが、CPUがインテル286互換のV33-16MHzじゃあ、PC98ソフトを動かすのがやっと。
おまけに拡張性も低いと、いわゆる二兎追うもの一兎を得ずといった、使えない子だったわけだが・・・・・

閑話休題

やっぱり、動作の安定性とか専用に作られたソフトは、そうおいそれと、他のPC、OSでも動くように移植って訳にはいかないわけか。
今のCPUパワー使えばエミュレーターって発想もなくはないとは思うんだが、やっぱ安定性の問題、なによりエミュレーションはあくまでエミュレーションであって、本家のお墨付き=アーキテクチャー情報が得られるわけじゃないからね。
メンテナンスに不安が残っちゃうしね。

ちなみに、このマクラーレン・F1には面白いエピソードが
時は1993年F1日本グランプリ開催前日・・・・・

R(某Mチームオーナー):Bくん、マクラーレン・F1に乗らないか?
B(某Fチームのドライバー、前年までMチームに所属):いいっすよ!!
Mチームピットにマクラーレン・F1登場。
B氏はコクピットに乗り込もうとするが・・・・・
R:コラコラ、運転するのは俺だ!!、キミは助手席だ
B:えー、大丈夫ですか!?

そうしてRが運転するマクラーレン・F1はサーキットはピットを離れ1コーナーへ向かって走っていったのだが・・・・・

1コーナーでいきなり、スピン、クラッシュ!!(w

唖然とするRに対して
B:次があるじゃないか!!(BがMチーム所属時代、リタイアした時にRから言われていた言葉)

そしてマスコミに取材を受け
B:いやー、Rのアクセルワークはすごかったよ!!
象が踏んでいるのかと思った(w

ちなみに1コーナーでスピンした原因はB氏がサイドブレーキを引いたという説も(前科はかなりアリ(w)
すべての謎は闇の中・・・・・

|

« あらゆる肉のBBQ!! | トップページ | スシ1グランプリッ!! イン 大廻転っ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63594724

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・F1とPC-98DO+と、とあるF1ドライバーB氏の武勇伝:

« あらゆる肉のBBQ!! | トップページ | スシ1グランプリッ!! イン 大廻転っ!! »