« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

いっそ電動アシストを全面解禁してみたらどうだ?

自転車に隠しモーター…「メカニカルドーピング」対策にツール・ド・フランスがサーマルカメラを導入

そこは逆の発想で、むしろメカニカルドーピングを認めては良いのでは?
黎明期のツール・ド・フランスなんて変速機のない自転車で山岳ステージに挑んでいた訳だし。

隠すわけだからいけないわけで、みんな電動モーターを使っていたらそれはそれで面白いと思うぞ。

電動モーターが付いているという事は、充電時にはペダルに負荷が掛かるわけだから、平坦なところで充電させて、坂道でアシスト発動させて逆転するとか。
当然、減速時に回生ブレーキ発生させれば、充電ができる訳だし。
流石に、下り坂で回生ブレーキ発生させるのは、スピードロスにつながっちゃうからやらないだろうけど?

ズルは、数人がこっそりするから面白くないのであって、みんなでやれば新しい要素が増えて面白くなると思うのだが・・・・・

なにより市販車にフィードバックできるし。

マビックカーならぬマブチカーが、サポートカーとして登場するかもよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

豪華なカプセルホテルってどうよ?

バーもダーツもVRも! 設備満載の豪華なカプセルホテルが荻窪に7月にオープン

それってちょっと豪華な漫画喫茶じゃねーのか?
って気もしないでもないが。

いくら豪華とはいえ、カプホに5000円近くカネを出すのは・・・・・
てか数年前なら、この値段でも、そこそこのビジネスホテルに泊まれてたんだけれど。

全体的に宿不足の売り手市場だから、強気な責め・・・・・もとい、攻めの経営方針を取る宿泊業が多いなぁ。
とはいっても、宿泊施設は簡単に調整が効かないからなぁ。

海外観光客需要増加見込んでホテル増やしました。
まさかのイギリスEU離脱で、円高、海外観光客の見通しが・・・・・

どうする!?

簡単に居住スペースへ転換って訳にもいかないからねぇ。

カプホは、なんだかんだセキュリティが不安なんだよねー・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

これが本当のジェットカーだ!!

時速100km到達まで1.5秒! 電気自動車で衝撃の世界記録を樹立

加速Gがすごいことになってるんじゃね?
人が耐えられるのか・・・・・

と思って計算するのではなく、こういうサイトを使って計算して見た(w

等加速度運動(加速度を計算)

加速度:18.51m/s2
=66.66km/h/s
=1.89G

てな感じ。

命に関わるレベルじゃないが、ちょっと体が張り付いた感じになるかも(w

ちなみにドラッグレースの最高峰トップフューエルドラッグスターだと、1秒後には180km/hに到達しているというから、EVもまだまだだな(ぉぃ

モーターの出力を上げればいいって問題じゃないし、車体を軽くすれば良い言ってものでもない。
(路面との摩擦係数が少なくなって、パワーロスする可能性があるからね)

電気自動車がドラックレースカーを越える日は来るのであろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

日本で一番多い苗字は「佐藤」ですが、ではバス停で一番多いのはなんでしょう?

日本で一番多い苗字は「佐藤」、ではバス停で一番多いのは? 9年掛けて全力で調べた同人誌が努力の結晶

えー、これクイズ番組の格好のネタじゃん(w
なんだろう?

直感、清水。

清水って地名が由来の苗字で、数も多い方だから。

さて正解は・・・・・

市役所前!!

なんじゃないかと、考えた人が、その考えを実証するため、実際に各地の「市役所前バス停」を巡った軌跡を同人誌にまとめたんだって。

たしかに、言われてみればそんな気がしないでもない。
しかも、ネットなどで調べず、ちゃんと現地に行っているって・・・・・

もう下手なテレビ番組の取材のレベルを超えているような気が・・・・・
記事を読むと、「市役所前バス停」調査に付随して、そこに苦労があったり、ドラマがあったりと、うーん、もうなんかドキュメントと化しているような気がするなぁ。

しかし、本当に日本で一番多いバス停は「市役所前」なのか?

・・・・・ほかに答えが思いつかないなぁ。

参考までに日本で多い地名ランキングなるものを見つけたので上げてみた。

全国地名ランキング(5位まで)
1位:中村/698ヶ所
2位:新田/670ヵ所
3位:原/569ヵ所
4位:本町/434ヵ所
5位:本郷/415ヵ所

この中に正解は・・・・・あるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

ビー玉グランプリッ!!

砂のサーキットで繰り広げられるビー玉のバトルになぜか手に汗握ってしまう「Sand Marble Race」

意外と面白かった件について(w

いやー、なかなか手の汗握るレースでした。
まさにビー玉の西宮戎神社福男選びレース状態といった感じで!!
ゼッケン4番「コメット」がトップで逃げ切るかと思いきや、ゼッケン5番の「リフレクター」がレース中盤、逆転!!

このまま、リフレクターが逃げ切るのかと思いきや、レース終盤で4番「コメット」が再逆転!!

結果、4番「コメット」優勝~

たかが、ビー玉レースでここまで熱くなるとは。
まさに、シンプル・イズ・ベストの世界。

これに賭けが絡めばさらに熱く・・・・・(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

メディアは変わるよ、どこまでも

【クイズ】40代以上ならわかる?昔のパソコン「記録媒体」クイズ

7問中6問正解だった。
まあ、主流になれずに終わったメディアもあるからねー。

MOとか、ZIPとか、PDとか
PDなんてパナソニックが推してて、WOODYという、20年前に騒がれていたマルチメディア仕様パソコンのいわゆるDOS/V機標準搭載されていたんだが・・・・・

他のメーカーでPDを見る事はなかったからなぁ(w

気が付きゃ、CD-Rが標準搭載になり、DVD-Rが標準搭載になり、でBD-Rが標準搭載と時代は流れて行ったからなぁ。

もっとも、今やバックアップはUSB HDD買った方が安上がりって説もあるし。

で、マイナーなメディアにバックアップされたデータを見たい時にエンジニアが苦労するっていうネタは交渉人 真下正義でやってたな(w

そしてメインストリームにいたメディアだが、我が家にある大量の番組(主にF1など)を取りだめたVHS・・・・・
DVD変換するのもややこしいしなぁ・・・・・(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

自分、頑固者です。

<心理テスト>私って頑固者なの??頑固レベルを今すぐ診断!

こう見えても頑固です。

という事でやってみた。

結果は10点を記録して

あなたの頑固レベルはかなりのもの

だって。

たしかに「自分はこう」という思い込みが強いタイプかもしんない。

しかし、頑固者のレベルとして
神経衰弱好きだと頑固レベルが上がるのは、記憶に執着するからか?
場所をシャッフルされると烈火の如く怒りそう(ぉぃ
注:あくまでも個人の意見です。

電球の質問も「切れる前に取り替えよう」だと、頑固レベルが上がるのは、逆に言えばしっかり者という証か?

トランプの大富豪(大貧民)が好きで、将棋の駒は桂馬が好きで、めんどくさがり屋だと、柔軟な性格、悪く言えばちゃらんぽらんって事か。

まあ、あまり凝り固まった性格も考え物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

古きを訪ね新しきを知れば、こうなった!!

効率を求めたら古めかしい自転車スタイルになった

この手の自転車って、すげーバランス取りづらいんじゃなかったっけ?
ペニー・ファージング、日本ではだるま車って言われていて、前輪を大きくすることによって高速性を図ったが、バランスの悪さ、ブレーキがないなどの安全性が悪く、今のチェーンを使う安全型自転車に取って代わられたそうだが。

しかし、この自転車、よく見てみると、ペダルがない!!

どうやって、漕ぐんだ?

てかフル電動スクーターなのか。
よく見りゃサドルもないし、立って操作するところ見ると、セグウェイとかに近い乗り物なのかもしんない。

当然、日本じゃ、原動付の免許と許可を取らないと公道で乗る事は出来ないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

なんの味か?、あてまショウ!!

「うまい棒」パッケージ無しでどの味かわかる?

やってみた。
結果は以下の通り。

獲得:"難しかったですか?" (3 そうです!) - 「うまい棒」パッケージ無しでどの味かわかる?

まあ、色で推測は出来るんだが、それでも難しい。
でも、一番お気に入りのコーンポタージュ味は、外さなかった(w

そのぶん、深読みしてめんたい味を外してしまったが・・・・・orz

でも、うまい棒って買いだめするほど、食いたいとは思わないんだよなぁ(笑)
お菓子買う時の、昔のがっちり買いまショウのオリエンタル・マースカレー、グリコ・ワンタッチカレーじゃないが、小金額調整用に買う事は多い・・・・・ってオレ、何歳だよ(w

うまい棒やチロルチョコって、そこら辺の調整が効くのが良いんだよねぇ。

それでも、やっぱり全種類の味を積極的にコンプリートする気にはなれん(w

コーンポタージュ味最強!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

20年先を行っていた伝説のXeroxマシンAlto

ジョブズがマッキントッシュのGUIデザインのもとにした伝説のXeroxマシン「Alto」が復元へ

GUI(グラフィカルユーザインタフェース)の全てはここから始まった・・・・・
このコンピューターを発想したアラン・ケイも凄いと思うが、理想を現実化させたゼロックス社の技術力も凄い。

しかも、1973年には完成していたんだぜ・・・・・

ちなみに、Altoに大感銘を受け、スティーブ・ジョブズがアップル社でGUIパソコンであるLisaを発売したのが1983年
その廉価版であるMacintoshを発売したのが1984年・・・・・

時代を先取り過ぎる事に定評のあるスティーブ・ジョブズより、さらに10年先を行ってたんだぜ!!←アラン・ケイ & Alto

ところがゼロックス社経営陣は、この10年先、いや20年先を行くGUIコンピューターに可能性を見いだせなかった。

NHK新・電子立国ケチョンケチョンにゼロックス社経営陣がディスられていたが、スティーブ・ジョブズだって最近になってようやく、その発想に技術が追いついて、そして伝説へ・・・・となったんだから、よっぽど頭のネジがぶっとんだ商売人じゃないと、可能性を見いだせなかったんじゃね?

でも、修ちゃんが経営者なら・・・・・

Xerox Alto 47万円

なんて売り出してからも(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

ひょっとして廃止されていた地図記号を習わされていた!?

2万5000分の1地図から「くわ畑」「工場」などの地図記号が消えた? 子どものころ習った地図記号はどうなった

電話局とかNTTになってマークが変わっているからともかく、銀行とか工場とか・・・・・
って銀行の地図記号って昭和30年代で無くなってるじゃん!!
あと、古戦場とか都道府県庁とかも昭和35年、昭和40年で無くなっている・・・・・

ひょっとして、無くなっていた地図記号覚えさせられていたのか?(w

工場、桑畑、重要港、砕石地などは、ほんと最近(平成25年)に廃止されたんだよね。
そして博物館とか図書館とか老人ホームとか、新しい地図記号が加わっていると。

電子基準点とか現在のIT社会を感じさせる地図記号だな。

でも、地図って時代が時代なら軍事機密だからね。
自由に地図が作れて、見れて、使える世界ってのは、まあ平和である証なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

ボグ・バター

沼地から発掘される数千年前のバターの塊「ボグ・バター」とは、そして食べた人の感想は?

食ったのか!!

率先して食べたのか?
それとも・・・・・

調査員A:なんで沼地から発見された数千年前のバターだれも食べないんだよ!!
調査員B:そんなこと言うんだったら自分で食べればいいじゃないか!!
調査員A:やだよ、なんで俺がそんなの食べなきゃいけないんだよ!
調査員B:いいよいいよ、お前が食べないんだったら俺が食べるよ
調査員C:いやここは俺が食べるよ
調査員D:待て、俺が食べるよ!
調査員E:そんなこというなら俺も食べるよ!
調査員F:私も食べるよ!

調査員A:・・・じゃあ、俺が食べるよ

調査員B~F:どうぞどうぞ!!

ネタか(w

で、お味は・・・・・

調査員A:このボグ・バター・・・・・は甘からず、辛からず、かといって美味からず
調査員B~F:まずいんじゃね〜かよっ!

だから、ネタか!!(w

ちなみに、本当に食べた人のコメントは
「発酵物独特の味はなくなってしまっているものの、強烈な味わいを舌と鼻で感じる」
と、コメントして特に、体調を崩すこともなかったんだって。

またアイルランド国立博物館のアンディ・ハルピン氏
「鉄器時代の珍味を体内にサンプリングするのは賢明ではない」
平たく言えば、止めとけって事か(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

IBM-PC互換機誕生秘話

CompaqはどうやってIBM PCの完全互換機を作り出したのかを創業者のロッド・キャニオンが語る

互換機を作るのって思った以上に大変であるって話。
オープンアーキテクチャでROM BIOSのソースコードを公開しているとはいえ、そのままパクっては、著作権でアウトになってしまうからね。

そこでクリーンルーム設計 といって、ROM BIOSのソースコードを解析、調査するチームと、それで得られた情報を元に再実装(再設計)を行うチームを分けてROM BIOSを再設計、再実装を行うみたいなんだが・・・・・

ようは、伝言ゲームみたいな形で開発しているって事かな?
一つのチームでROM BIOSのソースコードを解析、調査から再設計、再実装までやってしまうと、「そのまま製品を模範しただけだろ!!」って事になるが、解析、調査チームが独自に研究して「こんな結果出たよ」と社内に資料を残して、その資料を見た再設計、再実装チームが、その研究を参考してROM BIOSを再設計、再実装を行うぶんには、著作権法に触れないって解釈かな?

まあ、IBM PCの完全互換機を作るというよりかは、当時、もっとも使われていた表計算ソフトであるロータス1-2-3を動かすための互換機を作っていたとも言えるんだよな。

ちなみに、予断だが、マイクロソフトもマルチプランという表計算ソフトを発売していたのだが、ロータス1-2-3は及ばなかったんだよね。
その理由として、性能や計算速度がロータス1-2-3に負けていたという事もあるが、正確に言えば、

互換性を重視するあまり、性能や計算速度が犠牲になっていた。

マルチプランってソフトは、IBM-PCだけじゃないく、当時、アメリカ、日本、ヨーロッパに乱立していたパソコン、全てにおいて動作するよう、あるいは移植しやすいように設計されていた。
その為、性能や計算速度が犠牲にならざるをえなかった。

しかし、IBM-PCの互換機が誕生して、世界のパソコンのほとんどが、IBM-PC互換機となり、結果、IBM-PCでしか動かなかったはずのロータス1-2-3が世界中に普及してしまったという皮肉・・・・・

まあ、ちゃんとOS(MS-DOS)では、儲けているんだけどね(笑)← マイクロソフト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

自宅でサイコロキャラメルをお手軽作成

販売終了したなら作ればいいじゃない 「サイコロキャラメル」を自作する豪の者現る

自作というから、サイコロの箱だけ作るのかと思ってたら・・・・・

中身から作ったのかよ!!

しかも乳清を使ってたりと、なかなか本格的。

バットがあれば、こういうキャラメル類を家で作るのも便利なんだけどね。
あと出来たキャラメルが引っ付かないように、包装用紙にワックスペーパーを用意できれば言うことなし。

ボンタンアメみたいに、オブラートで包み込むのも一興かも。

サイコロの型紙ファイルは、こっそりと出回りそうだな(w
これを印刷して、よほど手が不器用でない限り、サイコロキャラメルの完成!!

完成した後は・・・・・

札幌に帰りましょう!!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

いろんな意味で高橋名人すごい説

実車の運転も見事!高橋名人の底知れぬカリスマ性にファミコン世代が大興奮 「かっけー」「ハンパねえ!」

高橋名人って、優秀なビジネスマンでもあるからね。
短大中退して、スーパーで働きだして、伝票整理などの業務の為、一念発起して当時のパソコンのベーシックプログラム覚えて、講師やって、やがてハドソンに入って、宣伝部に行って、で名人やれと(笑)
たしかに、ハドソンの人だからハドソンのゲームに関しては攻略法とか知ってたとは思うんだが、やっぱり名人の名に恥じない様に、かなーり練習してたんじゃないかと。
ゲームに出てくるバグをどうするか?で出版社の人と相談したら裏技って言葉が出来たりとか。

なにより

「ゲームは1日1時間」

を発言したのは、実際に商品を買う親とゲームメーカーの関係を考えると、かなり深い発言だと思う。

これが、もしも歯止めが掛からない状況になっていたら、親がゲーム機、ゲームソフトの不買に繋がっていたかもしれない。
実際問題、あの当時のゲームセンターなんて不良の寝床ってイメージ強かったし、
ゲーム機、ゲームソフト=不良の玩具
というイメージを回避する上でも、高橋名人という健全で健康的なキャラクターが果たした役割はかなり大きいんじゃないかと思います、ハイ。

本人は、そういうキャラを演じないといけないから、大変だっただろうけど。
それでも、高橋名人が大活躍したのは1985年から1988年ぐらいまでの4年ぐらい。
いい具合にフェードアウトできたんじゃないかな?と今にしては思う。

あの当時も逮捕説とかが流れて大騒ぎになったぐらいだから、今の時代じゃあ、もっと好奇の目に晒される様なマスコミの攻撃を受けていたかも。

さて、マリオカート×レーシングカート対決だが、レーシングカートの方は、やっぱり片山右京の方が圧倒的に速かった(w
なんせ、コーナーでの攻め具合が全然違うし(笑)
でも、ラストラップがマリオカートってルールだったら、高橋名人の方が勝っていたかもね。

やっぱり、92年F1モナコグランプリみたいなマッチレースは燃える!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

集めた情報復活させて!!(涙目)

空軍が数年間かけて集めた10万件もの記録がパソコンのクラッシュで消滅

バックアップ取ってないのかよ・・・・・
レイド組んでいないのかよ・・・・・

しかし、情報って蓄積され始めるとキリがないからね.。
どうせ、本当に必要な情報なんて、数%もないかもしれないんだけど。

いや、それは人間からの視点であって、コンピューターにしてみれば、情報はあればあるほど良いって感覚なんだろう。
力技で覚えられるし、計算もできるしね。

人間がそれをやると限界があるから、ある程度、情報を絞り込んで、最終的決定の判断を下す。

そこら辺の情報を捨てる感覚的なものが、コンピューターはまだ、情報が満たされてないとできない様な気がするんだよね。
まあ、そんなことしなくても、力技で何とかなるといえば、何とかなるのかもしれないが。

しかし、データの復旧でどうするのだろうか?
人海戦術なのか、あるいは別のコンピューターが消滅した情報の復旧を行う・・・・・

なら、その別のコンピューターのデータがあるって事じゃんか!!(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

抵抗する事は進化する事の証しでござる

無駄な抵抗だとわかっていても立ち上がる勇者にプレゼントしたいコースター

抵抗があるからこそ、人類は進化していったんじゃないか?

ふと、そう真面目にそう思ってしまう。
でも、抵抗だけじゃなく、他の電子回路コースターがあっても面白いんじゃね?
と思ってしまうのだが。

トランジスタとか、コンデンサとか、ダイオードとか、コイルにバーアンテナ・・・・・

なんかラジオの工作の時間になりそうだな(笑)
でも、こういう抵抗回路もトランジスタも、数億もの素子が一枚の小さなチップに入ってしまう時代。

25年前ですら、実際に回路を紙に起こすと、体育館が埋まってしまうぐらいの広さだったと聞くし、うーん、これだけ進化してしまうと、ふと、それらの蓄積された技術が無くなってしまった時、再生できるのか?

いってみりゃあ、基礎技術を飛ばして進化して言っている訳だからね。

ちょっと、不安になってしまう・・・・・

そこで、このコースターを使って基礎と抵抗する事の大切さを学ぶ訳ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

ミキサー VS 熱々の銅の球

どっちが勝つんだ!? ミキサー VS 熱々の銅の球

良い子は絶対マネしないでください!!

って、

マネする奴がいたらクレージーだよ!!

でも、これ、ミキサーの容器が割れたら、死人出ても不思議じゃないと思うのだが。
熱された銅の球が高速で飛んでいくわけだから・・・・・

たぶん、高熱の銅の球がミキサーにこぶりついて・・・・・
なんて事も、予想したんだと思うが。

よく容器が持ったものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

大江戸呉爾羅!?

外国人歓喜しそう 日本を代表する怪獣と浮世絵がコラボ「ゴジラ浮世絵シリーズ」が超カッコイイ

これ見て思ったんだけど、

ゴジラ時代劇ってありじゃね?

明和9年2月29日、明和の大火が発生、江戸の町は炎に包まれたを歴史には記載されているは、その実は、花の都、江戸に漆黒の巨大な伝説の怪物、呉爾羅が襲ったのであった・・・・・

謎の巨大生物に立ち向かうは、平賀源内杉田玄白の蘭学者。
幕府側で陣頭指揮を図るのは時の征夷大将軍、徳川家治に、時の老中、田沼意次

こんな感じで、細かい事抜きのSF時代劇として描くのもありなんじゃないかと。

問題は、ゴジラ映画一貫のテーマである「人間が生み出した恐怖の象徴」というメッセージが入れにくいプロットになるだろうからなぁ。

まあ、そこは、娯楽映画として割り切るってのも、アリだと思うんだが。
モンスターパニック映画とうよりかは、モンスターパニックコメディになってしまいそうな気もしないでもするが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

もう、こどものおもちゃってレベルじゃねーぞ!!

2つの車載カメラがスゴイ! 「プラレール スマホで運転 ダブルカメラ ドクターイエロー」を体験

こどものおもちゃとは言えない進化の仕方・・・・・
てかこれ、こどもより、親の方狙っているだろう!!

某ニュース番組のキャスターも大はしゃぎだったし(w

おいらが小学校1年生の時に営団6000系のラジコン使用プラレールが発売されて、買ってもらって遊んだ時にどれだけ興奮したか(w

だって、自分で操作できるんだよ!!

それまでは、自分でモーターのスイッチ入れて走らせて、駅に停車される時は、モーターを回転したまま停車させるギミックの付いたレールなどを使って、停車させていたのが、手元で操作できるようになった感激!!

そのかわり、かなりのお値段で、車両自体も、そこそこ重かったけど。

今や、スマホでコントロールできる上、カメラから正面の車窓も側面の車窓も楽しめる・・・・・
恐ろしい世の中になったものだ・・・・・

なんか、Nゲージより機能が充実しているように思うのはオレだけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

オーストリアでバズーカをぶっ放した無責任男

理想的なメンタルを持つ日本人は高田純次? 未来を切り開く「おめでたい人」の思考とは

木等(青島幸男との共作って感じもしないでもないが)、所ジョージ、そして高田純次と、無責任男の系譜というか。
いや、責任を背負うことに悲壮感を感じさせない。
ハートが強いというか、ネアカというか。

たしかに暗算を急に求められたときに、大抵の人はマジに考えてしまう。
それを、テキトーに返すって事は、なかなか出来ない。
もちろん、返される方の器も試される。

マジになって顔真っ赤にしてヒステリックに咎める人間が一番器が小さく思える(w

「他人の期待に応えなければ」

平たく言えば自意識過剰なんだけど、まあ、これが強すぎると、自意識過剰の自分が言うのもなんですが、つらいと思うわけです、ハイ。

高田純次の一番すごいエピソードといえばオーストラリアの番組で早朝バズーカやって、向こうの素人相手にぶっ放しまくって、それでいてテキトーな5種類ぐらいの英語で司会者と掛け合いしていた事(w

たぶん、タモリにもたけしにもさんまにも出来ない芸当だと思うわ(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

白黒をカラーに変換!?

白黒写真をカラーに自動変換するWebサービス 早稲田大学研究チームによる技術を利用

飯塚らによるディープラーニングでグレースケール画像に自動的に着色する手法のデモ実装をWebでサクッと試せるサービスを作った

面白そうなのでやってみた。
白黒写真って、いかにも昔~、生まれてくる前の知らない世界ってイメージを抱いちゃう世代だからね。

で、色々我が住んでいる町の写真をネットで集めて変換。
承諾得てないから、変換した感想だけ言ってみると・・・・・

うーん、セピア色っぽい色あせた写真みたいになってしまう。
昔の白黒写真に、後から色をつけたという感じがするというか。

残念ながら完全再現とまでは、いかないような気がするなぁ。
研究が進めば総天然色(言い方が古い(w)に変換できそうな気もするが。

これじゃ、動画のカラー変換はもっと大変だろうなぁ。
なんせ映画などの作品だと、白黒で撮って見るのを前提に美術のコントラストを決めているケースもあるだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

テトリス的なテトリスのライセンスの話

「テトリス」32周年、その裏にはライセンスを巡る泥沼劇があった

共産圏のパソコン事情ってどうだったんだろう・・・・・←こそかよ!!

いや、集積回路とかコンピューター技術なんて、今でもだけど、東西冷戦当時は今以上に超一線級の軍事機密だからね。
COCOM なんて言葉も死語になりつつあるか。

色々調べて見ると1976年にMig-25が日本に亡命して大騒ぎ になったとき、Mig-25の技術調査をすると一部電子機器に真空管が使われていたとか・・・・・

それでも、世界に散らばっている工作員から、こっそり最先端の電子機器を手に入れて、研究していたであろうから、ある程度の知識はあったんじゃね?
だた、軍事機密だから民生用として市場に出回ることはなかったと・・・・・

で、そんな状況でテトリスが開発され、それがハンガリーに密輸されヨーロッパに広まったってところが一つの肝やね。

ハンガリーは、当時東側諸国の一員とはいえ、比較的穏健な社会主義政策を敷いていたから、西側諸国との接点もあったんだろうね。
F1を東側諸国で始めて開催したのもハンガリーだし、かのルービックキューブもハンガリー生まれだし。

その後、MirrorsoftAndromedaからライセンスを受けてテトリスを発売するも、肝心のAndromedaがテトリスのライセンスを持っている外国貿易協会(ELORG)やパジトノフ氏とのライセンスを結んでいないという有様(w

で、なんやかんやで、ELORGとAndromedaの間で強制的にライセンスが結ばれて、じゃあゲーム会社のAtariMirrorsoftからライセンスを取得してアーケード・家庭用ゲーム機向けテトリスの開発および販売しようとしたら・・・・・

任天堂が直にELORGとパジトノフ氏に交渉を持ちかけ、家庭用ゲーム機向けの独占ライセンスを取得を取得しましたとさ(w

あおりを受けたのは、Atariメガドライブの目玉ソフトにしようとしてたセガに・・・・・
ここら辺のあらましは、ゲーム機大戦に詳しく乗っているが。

結論:ライセンスを抑えるときはライセンスの大元を抑えよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

チャックウィルソン

ズボンのチャックが開いてないかのチェックもスマホ頼み

ここまでスマホ頼みになりたくない・・・・・

なら、いっその事、

開き直った方がカッコ良くね?(ぉぃ

だって、別に法律違反を犯している訳じゃないし、インナーを見せる着こなしなんて、いくらでもあるし(コラコラ

天下の森進一だって、NHKの紅白歌合戦の大トリで襟裳岬を歌った時、ズボンのチャック・・・・・おっと公共放送だから商品名はいけない、ファスナー全開で歌った事があるっていう、切り札だってあるんだから。
(もちろん間奏でファスナーを閉めたそうだが(w)

だってさ、「オレ、スマホ使っているんだぜ!!、ズボンのチャックの開け閉めもスマホで管理しているんだぜ!!」とか、カッコつけて、全開だったらどうするんだよ?

コンピューターが万能だとでも思っているのか!!

で、「え、なんで、なんで!!」って慌ててスマホを確認する・・・・・

スマホを確認する前にチャックを閉めろよ!!
現実を認識しろよ!!

現実ですぐ確認できる事を、安易にコンピューターに頼ろうとする発想は良くないと思います、ハイ。

P.S:ちなみにタイトルは全開だった時に付けられたあだ名・・・・・(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

人間、やはり食べ物が旨くないと幸せじゃないでござるの巻

宇宙飛行士が禁止されていたサンドイッチをこっそり無断で宇宙に持って行ったらどうなったのか?

そんぐらい、宇宙でのメシが酷かったってエピソードの一つなんだけどな。
無重力状態で、食べ物がちゃんと消化器官通って消化されるのかが解らなかったって事もあるんだけど、定番のチューブ宇宙食に、口の中でふやける乾燥錠剤宇宙食・・・・・

結果・・・・・

やってられるか!!

とブチ切れたかどうかはしらんが、ジョン・ヤングって宇宙飛行士が、こっそり宇宙船にサンドイッチを持ち込んだって話

で、もちろん

無重力状態で食材が飛散して精密機械を傷つけたらどうなるんだ!!
宇宙で食中毒が起きたらどうするんだ!!

安全面の観点から批難轟々(w

NASAはともかく、アメリカ合衆国議会も非難したから驚きだ(w
って、まあ、当時の宇宙開発は国家プロジェクトだったしね。

結局・・・・・

宇宙だろうが月だろうが、人間食うものが旨くなければ幸せじゃないんじゃ!!

とジョン・ヤングの主張が受け入れられ、宇宙食の開発、向上が飛躍的に進み、当のジョン・ヤングもお咎めなしで、アポロ計画やスペースシャトル計画に宇宙飛行士として参加するといった順風満帆なキャリアを積み重ねていったとか。

やっぱ、食い物は大事ってエピソードです、ハイ。
士気にも関わるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

夜行移動事情を考える

深夜バスがこんなに快適すぎていいのか?

どうでしょう班が泣いて喜びそうなだ(w

この手の豪華深夜バスは、安全性の問題もあるんだが、重量的な問題も日本じゃあるんじゃないかと。
加重がありすぎる大型自動車は道路を傷めるのが早いし、あと加速、減速の問題もあるし。
加速はともかく、減速は、安全性を考えると致命的になる可能性があるからねぇ。

色々と考えると現行のサイズのバスをグレードアップさせて、需要に応じて数便出すとやり方が一番、無難なんだろうけど。

・需要がない時のバスの数をどうするのか?
・バスの確保はともかく、乗員の確保は難しい

となると、快適な設備をそなえ、かつ大人数が乗れるバスを運行したほうが、効率がいいわけだが・・・・・

うーん、日本の道路事情じゃ難しいか?
なら、発想を変えて、夜行列車を上下分離方式で運行するというのはどうだろうか?
車両、機関車、乗員、切符の販売等は、運行する会社が受け持って、通過するJRの各会社に使用量を払うといった発想。
JR貨物がそれに近いんだから出来ないことはないと思うのだが・・・・・
今の日本じゃそこまでするほど、需要がないということか。
3列独立シートだったら、文句は言わない。

ただ、4列シートは許せない!!

というのが、どうでしょう班と世間の一致した意見だと思う(ぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

テレビで映画が見れる時代は終わりつつあるのかも

これだけのラインナップ見ると、別の意味でスティーブン・スピルバーグは偉大だということを感じざるを得ない(笑)

でも、この手の映画って昔は、地上波の深夜放送。
あるいは、プライムタイムの映画放送枠でもネタ切れしたときは放送してくれたんだけどねぇ。

最近、地上波テレビで映画を放送する機会がめっきり減ってしまった感がある。
あっても、テレビ局が製作委員会に入っている作品とかね。

まあ昔のテレには、明らかに解像度の問題があったからね。
なんだかんだ、テレビの映画とスクリーンでみる映画とではありからに画質がちがったし。
それがデジタル放送になってHD画質が当たり前になってくると、そんなに差がなくなってしまうからなぁ。

録画の際のコピープロテクト制限を掛けたり、今度始まる4K放送では、さらに厳しいコピープロテクト制限を掛けるといっているし、地上波テレビで映画を放送するという環境は日に日に厳しくなっているのかもしれない。

そのぶん、こういった企画が課金が容易なネットに流れているのかも。
シベリア超特急連日放送もそうだったし(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

1%のひらめきが出てくるからこそ天才といわれる所以

エジソンが自分で蓄音機の宣伝をする貴重な1906年の録音データ

そういや蓄音機ってエジソンが発明・・・・じゃなく実用化、商品化に成功したんだって。
発明したのは1857年、フランス人エドゥアール=レオン・スコット・ド・マルタンヴィルフォノトグラフ が最初だって。
電話の開発の副産物で、針で音声の振動を検地して記録する仕組みを作った・・・・・と子供のころの伝記本では読んだ記憶がある。

でも、伝記の中のエジソンは、所詮、伝記。
立志伝中の人物として良いように書かれているが、真のエジソンの生き様は大人になってから知る事になる・・・・・

交流、直流戦争なんかがその良い例だし。
しかし伝記本に載ってた

・子供のころ怪しい薬品を友達に飲ませる
・研究に没頭できるように、駅のモールス信号を自動で送れるようにする

も、たいがいだと思うが(w

そういやエジソンの残した「天才は1%のひらめきと99%の努力」
という言葉もあるが、日本では真面目が美徳されているから
「99%の努力があれば何とかなる」っていうように解釈されているが、違うんだよね。
その1%のひらめきが出てこないから、大変。
1%のひらめきが出てきるのが天才たる所以なんだろうな。

もっとも「1%のひらめきがあれば、99%の努力なんてしなくてもいいんじゃね?」と都合のいいように解釈する自称天才(例:オレ(w)とかもいるわけだが、それを膨らます努力をしなければ1%のひらめきは、ひらめきのままで終わってしまうのも事実。

まあ、なんでも都合の良い様に考えるのは良くないって事だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

おバカというか、見事な発想の転換の勝利!?

電気ドリルで動くスケボーがおバカで楽しい

おバカというか、見事な発想の転換
電気ドリルがシャフトの役割をして、デフを通じて動力がスケボーのタイヤに伝わる・・・・・

と、思いきやモーターをスケボーのタイヤに直結させてるっぽい・・・・・

ほぼ完成じゃないか!!

久々に・・・・・

ビッグビジネスの予感!!

でも、やっぱこれで日本の公道走るとなると、道交法の対象になるんだろうなぁ。

電気ドリルじゃなく、インパクトレンチを使ってスケボーのタイヤに動力を伝えるって手もあるな。

坂道では回生発生させれば、電気ドリルやインパクトレンチにも充電も出来る。
夢は広がる・・・・・か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

合体せよ!!、鯉、竜、星、兎、虎、燕!!

今年はロボで攻めてきた! 千葉ロッテマリーンズ、交流戦恒例のセ・リーグ球団挑発ポスターを公開

むだにカッコいい・・・・・(w ← 非交流戦士マジワラン
マーくんが格好良くロボット化されって・・・・・

原型とどめてないじゃん!!

そして、ダサいセ・リーグ各チームのロボット・・・・

でもさ、この数年、ずっとセリーグ交流戦インフェルノ状態だしさ・・・・・
今年ぐらいはセ・リーグ6球団合体して、パ・リーグにガツーンと一発食らわしてもいいんじゃないかと。

でも、問題はセ・リーグ6球団各ロボットが合体しても、誰を顔の部分に持ってくるか?で揉めそう(w
なんせ、首位から最下位まで4.5ゲーム差だし。

まあ、セ・パ関係なくどの球団も、やっぱぱ交流戦の成績がリーグ優勝争いの一つの指標となる感じがします、ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »