« テレビで映画が見れる時代は終わりつつあるのかも | トップページ | 人間、やはり食べ物が旨くないと幸せじゃないでござるの巻 »

2016年6月 5日 (日)

夜行移動事情を考える

深夜バスがこんなに快適すぎていいのか?

どうでしょう班が泣いて喜びそうなだ(w

この手の豪華深夜バスは、安全性の問題もあるんだが、重量的な問題も日本じゃあるんじゃないかと。
加重がありすぎる大型自動車は道路を傷めるのが早いし、あと加速、減速の問題もあるし。
加速はともかく、減速は、安全性を考えると致命的になる可能性があるからねぇ。

色々と考えると現行のサイズのバスをグレードアップさせて、需要に応じて数便出すとやり方が一番、無難なんだろうけど。

・需要がない時のバスの数をどうするのか?
・バスの確保はともかく、乗員の確保は難しい

となると、快適な設備をそなえ、かつ大人数が乗れるバスを運行したほうが、効率がいいわけだが・・・・・

うーん、日本の道路事情じゃ難しいか?
なら、発想を変えて、夜行列車を上下分離方式で運行するというのはどうだろうか?
車両、機関車、乗員、切符の販売等は、運行する会社が受け持って、通過するJRの各会社に使用量を払うといった発想。
JR貨物がそれに近いんだから出来ないことはないと思うのだが・・・・・
今の日本じゃそこまでするほど、需要がないということか。
3列独立シートだったら、文句は言わない。

ただ、4列シートは許せない!!

というのが、どうでしょう班と世間の一致した意見だと思う(ぇ

|

« テレビで映画が見れる時代は終わりつつあるのかも | トップページ | 人間、やはり食べ物が旨くないと幸せじゃないでござるの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63738844

この記事へのトラックバック一覧です: 夜行移動事情を考える:

« テレビで映画が見れる時代は終わりつつあるのかも | トップページ | 人間、やはり食べ物が旨くないと幸せじゃないでござるの巻 »