« 1%のひらめきが出てくるからこそ天才といわれる所以 | トップページ | 夜行移動事情を考える »

2016年6月 4日 (土)

テレビで映画が見れる時代は終わりつつあるのかも

これだけのラインナップ見ると、別の意味でスティーブン・スピルバーグは偉大だということを感じざるを得ない(笑)

でも、この手の映画って昔は、地上波の深夜放送。
あるいは、プライムタイムの映画放送枠でもネタ切れしたときは放送してくれたんだけどねぇ。

最近、地上波テレビで映画を放送する機会がめっきり減ってしまった感がある。
あっても、テレビ局が製作委員会に入っている作品とかね。

まあ昔のテレには、明らかに解像度の問題があったからね。
なんだかんだ、テレビの映画とスクリーンでみる映画とではありからに画質がちがったし。
それがデジタル放送になってHD画質が当たり前になってくると、そんなに差がなくなってしまうからなぁ。

録画の際のコピープロテクト制限を掛けたり、今度始まる4K放送では、さらに厳しいコピープロテクト制限を掛けるといっているし、地上波テレビで映画を放送するという環境は日に日に厳しくなっているのかもしれない。

そのぶん、こういった企画が課金が容易なネットに流れているのかも。
シベリア超特急連日放送もそうだったし(w

|

« 1%のひらめきが出てくるからこそ天才といわれる所以 | トップページ | 夜行移動事情を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63738788

この記事へのトラックバック一覧です: テレビで映画が見れる時代は終わりつつあるのかも:

« 1%のひらめきが出てくるからこそ天才といわれる所以 | トップページ | 夜行移動事情を考える »