« ボグ・バター | トップページ | 20年先を行っていた伝説のXeroxマシンAlto »

2016年6月20日 (月)

ひょっとして廃止されていた地図記号を習わされていた!?

2万5000分の1地図から「くわ畑」「工場」などの地図記号が消えた? 子どものころ習った地図記号はどうなった

電話局とかNTTになってマークが変わっているからともかく、銀行とか工場とか・・・・・
って銀行の地図記号って昭和30年代で無くなってるじゃん!!
あと、古戦場とか都道府県庁とかも昭和35年、昭和40年で無くなっている・・・・・

ひょっとして、無くなっていた地図記号覚えさせられていたのか?(w

工場、桑畑、重要港、砕石地などは、ほんと最近(平成25年)に廃止されたんだよね。
そして博物館とか図書館とか老人ホームとか、新しい地図記号が加わっていると。

電子基準点とか現在のIT社会を感じさせる地図記号だな。

でも、地図って時代が時代なら軍事機密だからね。
自由に地図が作れて、見れて、使える世界ってのは、まあ平和である証なのかもしれない。

|

« ボグ・バター | トップページ | 20年先を行っていた伝説のXeroxマシンAlto »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/63806685

この記事へのトラックバック一覧です: ひょっとして廃止されていた地図記号を習わされていた!?:

« ボグ・バター | トップページ | 20年先を行っていた伝説のXeroxマシンAlto »