« もう、こどものおもちゃってレベルじゃねーぞ!! | トップページ | ミキサー VS 熱々の銅の球 »

2016年6月12日 (日)

大江戸呉爾羅!?

外国人歓喜しそう 日本を代表する怪獣と浮世絵がコラボ「ゴジラ浮世絵シリーズ」が超カッコイイ

これ見て思ったんだけど、

ゴジラ時代劇ってありじゃね?

明和9年2月29日、明和の大火が発生、江戸の町は炎に包まれたを歴史には記載されているは、その実は、花の都、江戸に漆黒の巨大な伝説の怪物、呉爾羅が襲ったのであった・・・・・

謎の巨大生物に立ち向かうは、平賀源内杉田玄白の蘭学者。
幕府側で陣頭指揮を図るのは時の征夷大将軍、徳川家治に、時の老中、田沼意次

こんな感じで、細かい事抜きのSF時代劇として描くのもありなんじゃないかと。

問題は、ゴジラ映画一貫のテーマである「人間が生み出した恐怖の象徴」というメッセージが入れにくいプロットになるだろうからなぁ。

まあ、そこは、娯楽映画として割り切るってのも、アリだと思うんだが。
モンスターパニック映画とうよりかは、モンスターパニックコメディになってしまいそうな気もしないでもするが。

|

« もう、こどものおもちゃってレベルじゃねーぞ!! | トップページ | ミキサー VS 熱々の銅の球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸呉爾羅!?:

« もう、こどものおもちゃってレベルじゃねーぞ!! | トップページ | ミキサー VS 熱々の銅の球 »