« お世話になったVHSへの送辞 | トップページ | もっとクマに配慮した社会を!! »

2016年7月19日 (火)

大人の階段上る 君はまだミント嫌いさ?

繰り返されるチョコミント論争! 「歯磨き粉じゃん」口撃に対する好き派の言い分

ミントの味を清涼感と感じるか、辛苦いと感じるかの差なんじゃね?
暑い日とか、がっつりチョコレートのアイスだと、しつこ過ぎる。
そこで、清涼感を求めてチョコミントなる二律離反のフレーバーが生まれたんじゃないかと。

たぶん、ビールが苦手な人が、チョコミントだめなんじゃないかというイメージ。
ホップの苦さ=ミントの辛苦さが苦手って感じで。

あとゴーヤね。

あれも、好きになるとたまんないんだよなぁ。
ゴーヤの苦さと玉子と豚肉の炒めた組み合わせサイコー!!って感じで。

そして究極はピーマンじゃね?

苦くないピーマンなんてピーマンじゃない!!

ビールのおいしさが判ってくるとともに、ピーマンの苦味の旨さもわかってくる。

つまり苦味耐性があるか、ないかの差だと思うんだけどなぁ。

|

« お世話になったVHSへの送辞 | トップページ | もっとクマに配慮した社会を!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人の階段上る 君はまだミント嫌いさ?:

« お世話になったVHSへの送辞 | トップページ | もっとクマに配慮した社会を!! »