« ドラムの話 | トップページ | チケット論争から商売を考える »

2016年9月 2日 (金)

20連コンパクトカセットテープチェンジャー

時には昔の話をしようか。70年代のiPodこと、カセットチェンジャーのPanasonic「RS-296US」

これって個人用?
どう見ても、業務用に思えるのだが(w

いやいや、その前にコンパクトカセットテープを業務で使うとは思えん

しいて考えられるとしたら・・・・・
個人で経営している喫茶店とか?
有線引くより、こっちの方が安上がりかも?って経営判断で導入しちゃったお店があるかも。

あとは、マニアだね。

自慢するだけの為に買った(w

そして、最初は「おー、すげー!!」と驚いていたが1年も経ったら

そして僕は途方にくれる(ぉぃ

そういやCDもチェンジャーが出てきて3枚、5枚はあたりまえ
中には10枚なんて機種もあったが、どうだったんだろうね?

たしかにね、カーステレオは価値はあったと思う。
10枚ぐらい入れておけば、いちいち聞き終わったCDを運転中にリスクを犯して代える必要がなくなるからね。

でも、家で聞く分は・・・・・

オイラも3連チェンジャーのCDコンポ持ってたけど、機構が複雑だったのが、2年ぐらいでCDドライブが怪しい動きをするようになった(w

でも、こういう挑戦的な製品が、新たな画期的な商品を生み出す糧になっているのかもしれない。

|

« ドラムの話 | トップページ | チケット論争から商売を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20連コンパクトカセットテープチェンジャー:

« ドラムの話 | トップページ | チケット論争から商売を考える »