« 夢のある空飛ぶ車の行政と法整備を!! | トップページ | ちょっとぐらい目立たない程度がちょうどいい »

2016年12月 4日 (日)

音源の性能の違いが、表現力の決定的差でないということを教えてやる!

Apple IIで演奏する、モーツァルトの『トルコ行進曲』

ファミコンですやん。

なんか、チャレンジャーを思い出してしまう・・・・・

ってチャレンジャーシューベルトの軍隊行進曲だったか。

しかしInternet Archive 約500本のApple II用ソフトウェアを公開している とは知らんかった!!

ブラウザでプレイ可能って事はWizardryもプレイ可能なのか?

ちとやってみようかな(ぇ

閑話休題

音を聞く限りはファミコンを同じくPSG音源っぽいんだが、にも関わらず表現力が豊かなのは、やっぱ楽譜打ち込んでいったプログラマーの腕だろうなぁ。
必要な音と不必要な音の取捨選択を行い、表現できる仕様の中で最大限の仕事をさせる。

まさにプログラミングの腕の見せ所って感じだな。

|

« 夢のある空飛ぶ車の行政と法整備を!! | トップページ | ちょっとぐらい目立たない程度がちょうどいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/64568940

この記事へのトラックバック一覧です: 音源の性能の違いが、表現力の決定的差でないということを教えてやる!:

« 夢のある空飛ぶ車の行政と法整備を!! | トップページ | ちょっとぐらい目立たない程度がちょうどいい »