« ちょっとぐらい目立たない程度がちょうどいい | トップページ | 2016年に日本国内で話題になったツイート »

2016年12月 6日 (火)

娯楽作品でバッドエンドにする理由ってナニ?

アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング

娯楽作品でバッドエンドにする理由ってなんだろ?

中二病?(ぉぃ

まあ、そのバッドエンドに納得行くか?、行かないか?だろうな。

勧善懲悪が物語のベースと言えばベースだが、善悪感、正義感なんて見る方向から全然違ってくるって事が年を重ねることに分かってくるからね。

その上で「ああ、そういう事なのか」と受け止められる事が出来るようになるというか。

人の死に関しても、いずれ人が死ぬのは絶対であって、それを長く描くか?、短く描くか?
幸せに描くか?、不幸せに描くか?

そこらへんは作家が描く神の領域であって、それもやっぱり創作であっても運命であることを受け入れられるか?、受け入れられないか?の問題だと思います、ハイ。

ただ個人的には「ここで悲しいだろう、哀れだろ的な表現入れていれば観客喜ぶだろう」的なバッドエンド的描き方は嫌だなぁ。

もちろん、話の収拾が付かなくなって自棄を起こしてバッドエンド的展開になるのも嫌だが。

バッドエンドでも、一筋の光は描いてほしい。
それがクリエイターの良心じゃね?

※ 意見には個人差があります。

|

« ちょっとぐらい目立たない程度がちょうどいい | トップページ | 2016年に日本国内で話題になったツイート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/64573397

この記事へのトラックバック一覧です: 娯楽作品でバッドエンドにする理由ってナニ?:

« ちょっとぐらい目立たない程度がちょうどいい | トップページ | 2016年に日本国内で話題になったツイート »