« 輪ゴムGUN | トップページ | いつの世も建造物を貫通するモノには萌える? »

2017年3月29日 (水)

貪欲な香港映画は戻ってくるのか?

霊幻道士リスペクトの香港コメディー・ホラー『ヴァンパイア・クリーンアップ・デパートメント』予告編

吸血鬼にコメディに女幽霊とのロマンス。

見事に霊幻道士リスペクトが感じられる!!

いやいや、こういうツボを押さえるって事は大切ですよ。
エンタメ映画は人を楽しませてナンボですから。

やたら芸術性に拘る中二病評論家の意見なんて無視して良し!!

こういう貪欲さが無くなってしまったのが、まあ香港映画が微妙になってしまった理由でもあるのかもね。
良くも悪くも昔の香港映画ってギラギラしたものがあったしね。

西側体勢ってものがそうさせたのか、あるいは熱気あふれる香港って土地柄がそうさせたのかは知らんが。
今の香港映画は良くも悪くも洗練されてしまった・・・・・

キョンシーもそうだけど、ジャッキー・チェンもそうだし、燃えよデブゴンもそうだし、ミスター・ブーもそうだし昔の香港映画は熱かった。
ゴールデンハーベスト社の映画が一世風靡を飾ってた1980年代。

ああいう香港映画の時代は、また戻ってくるのだろうか?

|

« 輪ゴムGUN | トップページ | いつの世も建造物を貫通するモノには萌える? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/65052934

この記事へのトラックバック一覧です: 貪欲な香港映画は戻ってくるのか?:

« 輪ゴムGUN | トップページ | いつの世も建造物を貫通するモノには萌える? »