« ありそうでなかったラーメン食べ放題専門店!! | トップページ | 迷って酔って!? »

2017年4月29日 (土)

昭和60年代、遊園地、最後の栄光説

昭和の雰囲気漂う60周年迎えた大阪の遊園地 懐かしの遊具は今も健在

遊園地って言葉自体が死語になりつつあるからなぁ。
かといって、テーマパークも勝ち組と負け組がはっきりしているし。

関西で元気な所謂、遊園地的施設と言えば泣く子も黙るUSJと、アイデア勝負のひらパーだけだからねぇ。

で、南海電鉄が運営するのみさき公園
ここも頑張っているらしい。
年間入園者数もここ数年増加傾向なんだって。

場所的にはかなり不便な場所にあるんだけどねぇ。
限りなく和歌山の近いし。

うーん、都心から離れているのがかえって、行ってみるか?という気にさせているのか?

また、イルカショーをやっている関係で、開園55周年イメージキャラクターに城みちるを起用するなど、うーん、上手い具合にひらパーのコンセプトを拝借している感があるなぁ(笑)

しかしトップスインガー昭和のアトラクションというか昭和末期のアトラクションってイメージだぞ。
1985年に神戸の総合運動公園で開催されたグリーンエキスポの併設遊園地に最新ブランコ型アトラクションって名目であったし。
てか乗ったし。(笑)

あの時代が遊園地、最後の栄光だったのかもね。

平成に入ってバブルとともにテーマパークブーム
そして崩壊と流れていくしね。

|

« ありそうでなかったラーメン食べ放題専門店!! | トップページ | 迷って酔って!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105515/65188715

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和60年代、遊園地、最後の栄光説:

« ありそうでなかったラーメン食べ放題専門店!! | トップページ | 迷って酔って!? »