« 魔法のスマホカバー!? | トップページ | レトロフリーク内蔵のテーブル!? »

2017年8月11日 (金)

運び屋が活躍するのはファンタジー、フィクションの世界。

委託された荷物を運ぶことで利益を得たり格安で海外に行けたりする「運び屋」はアリなのか?

映画のネタとしてはともかく、ノンフィクションじゃ完全にアウトだろう!!

いや、知らなかったですまされない。

知らない内に危ない薬の運び屋やらされて外国の税関で見つかって死刑とかいうケースもあるから。

でもフィクションで運び屋って格好の舞台になりそうなんだよなぁ。

って、調べたらトランスポーターって映画があったね。

レオンTAXi手がけたリュック・ベッソンが監督している映画。

自分の仕事に対して「契約厳守」「(依頼者の)名前は聞かない」「依頼品を開けない」の3つのルールを掲げている所にプロフェッショナルを感じる(笑)

いや、スピンオフでプロフェッショナル 仕事の流儀で取り上げてほしい(ぇ

でも、運び屋が活躍するのはファンタジー、フィクションの世界。
素人はマネしちゃいけない。

運び屋やったら海外旅行のコスパが良いとか言っちゃう奴は・・・・・

プロフェッショナルの厳しさを味わいやがれ(ぉぃ

|

« 魔法のスマホカバー!? | トップページ | レトロフリーク内蔵のテーブル!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運び屋が活躍するのはファンタジー、フィクションの世界。:

« 魔法のスマホカバー!? | トップページ | レトロフリーク内蔵のテーブル!? »