« かわいい母子手帳だけでいいのか!? | トップページ | 素晴らしきアナログスコアボードの世界 »

2017年10月 7日 (土)

世の中をより幸福にさせるつもりだったのに世の中を不幸にすることよくある説。

ノーベル平和賞の受賞者、世界の「失望」招く理由

そりゃ平和なんて現在進行系のもんだからね。
どんなに平和に貢献したとしても、壊すのは簡単・・・・・

ってところが怖いよな。

それに拍車をかけるのが権威主義建前主義

ノーベル平和賞受賞者が戦争を仕掛ける。

ノーベル平和賞受賞者がそんな事するわけない。

このままじゃ、ノーベル平和賞のメンツが丸つぶれ

この戦争は平和のための戦争・・・・・

だから開き直っちゃえばいいのよ。

その時点では、その人が地球、世界の平和に関して貢献していると思って選んだ。
でも、受賞したあと、どういう事しようと責任は持てないよ。

と。

権威主義建前主義賞に異常なまでの潔癖性を持つ人間は納得しないだろうが(w

まあ賞を与えることで、そいつにイメージなどを意識させて、行動を束縛させる・・・・・
って効果もあると思うが。(いわゆる地位が人を作るってやつね)

そんなのカンケーねー!!

と開きなるやつだっているわけだしね。

建前で選んでますでいいんじゃね?
ノーベル賞自体、ダイナマイトを発明して巨万の富を得たが、戦争に使われ罪の意識に苛まれて作られた賞だしね。

ノーベルがダイナマイトを発明しなくても、珪藻土等にニトログリセリンを染み込ませて安全な爆薬を作る技術は誰かが発明してたんじゃね?

|

« かわいい母子手帳だけでいいのか!? | トップページ | 素晴らしきアナログスコアボードの世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中をより幸福にさせるつもりだったのに世の中を不幸にすることよくある説。:

« かわいい母子手帳だけでいいのか!? | トップページ | 素晴らしきアナログスコアボードの世界 »