« ガンダムの世界観と自転車のロードレース相性が良い説 | トップページ | 1/6と1/5との感情の差 »

2017年11月 9日 (木)

帰ってきた電車でGO!

【レポ】『電車でGO!』がアーケードになって帰ってきた! 全4面ディスプレイは圧巻!!

グラスコクピットの賛否はともかく、全4面ディスプレイ自宅では味わえない圧巻の演出装置ですな。
映像も恐ろしくきれい・・・・・

ってか、20年前と比べると技術が飛躍的に向上しているからねー。
このぐらいのクオリティがあって当たり前か。

あとは実際に振動や、加速、減速のGを体感できるといいんだけどね?

アーケードゲーム機器自体を傾斜して重力再現する装置を付けたら出来そうな気が・・・・・

恐ろしく開発費掛かりそうだけど(w

電車でGO!だけでなくレースゲーム飛行機操縦シミュレーションでも全4面ディスプレイが当たり前になりそう。
ガンダムのモビルスーツ操縦シミュレーションや、シューティングゲームでもありかな?

全天周囲モニターリニアシートアーケード機に採用されるのはいつの日か・・・・・・!?

|

« ガンダムの世界観と自転車のロードレース相性が良い説 | トップページ | 1/6と1/5との感情の差 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきた電車でGO!:

« ガンダムの世界観と自転車のロードレース相性が良い説 | トップページ | 1/6と1/5との感情の差 »